5万円、10万円を借りるなら消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?即日融資がカギ

5万円、10万円を借りるなら消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?

お金を借りたいけど、消費者金融と銀行カードローンどっちが良いのか!実際どっちなんだ?になると思います。

これは借りたい金額によって変わってきます。今回は5万円、10万円と金額別に解説していきます。

5万円が必要な場合、消費者金融と銀行カードローンどっち?

5万円程度のお金が急に必要になったとします。親や友達にお金を借りるという方法がありますが、5万円はポンとすぐに貸せる金額ではありませんし、頼みにくいし信頼関係が壊れる恐れもあります。

そうは言っても5万円はすぐに必要、そんな人におすすめしたいのがカードローンで借りる方法です。

即日で借りるなら即日融資対応のカードローンが良い

急いでいるわけではなく、単純に5万円が必要というのであれば、どこのカードローンに申し込んでも問題ありません。

しかし、今日中に5万円がいるのなら、手続きが1日で出来るカードローンを選ぶ必要があります。「どこのカードローンでもすぐに貸してくれるんじゃないの?」と、勘違いをされている方もいるかも知れませんが、カードローンならどこの会社でも即日で借りられるわけではありません。

むしろ即日で借りられるカードローンは少なく、大抵は借り入れまで1週間以上かかります。よく調べずに申込むと、結局その日のうちに5万円が手に入らなかったなんてことになってしまいます。

そうならないためにも、即日融資対応のカードローン会社が要求されます。

5万円を即日で借りるためのカードローン選びのポイント

5万円を即日借り入れするためのカードローン選びのポイントは5つです。

カードローン選びのポイント

  • 即日融資のタイムリミットが遅いか
  • 審査、融資スピードは早いか
  • 土日祝日でも即日融資可能か
  • 無利子サービスはある?
  • 気になる審査通過率

5万円即日で借りるのにおすすめのカードローン

以上のポイントを踏まえて、5万円を即日で借りるのにおすすめのカードローンを紹介します。

SMBCモビット

項目 内容
即日融資のタイムリミット 20時までに申し込み完了
審査・融資スピード ・最短30分
・最短即日
土日祝日の即日融資 ・可能
・ローン申し込み機でカード受け取り
無利子サービス なし
審査通過率 非公表
必要書類 本人確認書類
(運転免許証または健康保険証)
WEB完結 ・可能
・14時までに契約完了
・郵送物なし

申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットで借りるなら断然「WEB完結申し込み」がおすすめ。WEB完結申し込みなら「電話連絡なし」「郵送物なし」「電話でやり取りなし」で借り入れが可能です。土日祝日でも20時までに申し込み完了すれば即日融資できる可能性が高いです。

10万円を借りるなら消費者金融がおすすめ

結論を言えば10万円を借りるなら総合的に消費者金融がおすすめです。

消費者金融がおすすめ

  • 審査通過率
  • 金利
  • 無利子サービス
  • 在籍確認の仕方
  • 即日融資

上記のポイントを消費者金融と銀行カードローンで比較します。

審査通過率を公表している消費者金融

審査通過率が高いと審査に通りやすいという事になります。消費者金融は公表していますが、銀行カードローンでは公表していません。

たとえば、プロミスの審査通過率は42.89%。(2016年4月~2017年3月の平均)

これが高いと見るか低いと見るかもあるのですが。。

一方で銀行カードローンの審査基準は厳格化の傾向にあります。2016年に13年ぶりに自己破産者が増加して金融庁はその原因は銀行カードローンによる過剰融資にあると判断しています。

これを受け、各銀行は融資を自主規制しています。現時点では銀行カードローンの審査は厳しいと見たほうがいいです。

ただし、消費者金融は本人に安定収入がないと申し込めません。専業主婦の場合、配偶者に収入があっても自身に収入がないと消費者金融で借り入れできませんので、借り入れを考えているのであれば銀行カードローンに申し込むようにしましょう。

金利は銀行カードローンがお得

はじめてカードローンで借り入れするときは、基本的に最高金利が適用されます。

カードローン 金利
みずほ銀行 2.0~14.0%
三井住友銀行 4.0~14.5%
りそな銀行 3.5~12.5%
SMBCモビット 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 4.5~18.0%

上記の表を見てわかるように消費者金融の最高金利はおよそ18.0%なのに対し銀行カードローンは14.0%程度。その差は約4%もあります。

金利面では銀行カードローンのほうがお得と言えます。

無利子サービスがあるのは消費者金融

金利面では消費者金融は銀行カードローンに劣ります。しかし、消費者金融には無利子サービスがあります。無利子サービスを利用すれば一定期間だけ利子が一切発生しません。

たとえば30日間無利子なら、借り入れしてから30日以内に借りた分をそのまま返せばOK。

このように、すぐに返せる程度の金額を借りるなら、銀行カードローンよりも無利子サービスのある消費者金融のほうがお得になります。消費者金融は金利が高いですが無利子サービスで十分にカバーできます。

無利子サービスがある消費者金融は下記の3社です。

会社名 内容
プロミス 初回借り入れの翌日から30日間
アイフル 契約の翌日から30日間
アコム 契約の翌日から30日間

長期スパンで返済予定なら銀行カードローンがお得

「毎月少しずつ返済していきたい」と長期スパンで返済を考えているのであれば、無利子のある消費者金融よりも低金利の銀行カードローンで借りるほうがお得です。目安としては返済期間が6ヶ月間以上になる場合です。

以上のポイントをまとめると、10万円を借りるなら消費者金融がおすすめです。

消費者金融なら申し込んだその日に借りることもできますし、無利子サービスをつかってすぐに返済すれば利子は一切かかりません。また在籍確認に関しても相談することで柔軟に対応してくれるので、職場バレを避けることもできます。

一方で審査に自身がある人や、返済を長期スパンで考えている人は銀行カードローンで借りるほうが適しています。

以上、5万円、10万円を借りるなら消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?即日融資がカギでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:5万円、10万円を借りるなら消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?即日融資がカギ

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ