プロミスは専業主婦でも利用可能?専業主婦がお金を借りる方法

プロミスは専業主婦でも利用可能?専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦でも旦那に内緒で買いたいものがあるなど、カードローンを利用したくなるケースもあります。

ただ、女性が利用できるカードローンには、専業主婦でも申し込めるローンと申し込めないローンがあります。

プロミスは、女性でも気軽に申し込めるカードローンの1つですが、そもそも専業主婦はプロミスに申し込めるのか…。

今回、プロミスは専業主婦でも利用可能なのかどうかを解説します。

結論!

専業主婦はプロミスへ申し込んでも審査落ちが確実

プロミスには女性専用の「プロミスレディース」があるので「専業主婦でも申し込めるのでは?」と思ってしまいますが、結論からいうと「専業主婦はプロミスには申し込めない」というのが正解です。

厳密にいうと専業主婦でも申し込むことは可能ですが、事前の仮審査で「審査落ち」となってしまいます。

プロミスレディースで借りるには、パートやアルバイトでも良いので安定した収入が条件になります。

専業主婦がプロミスを利用できない2つの理由

専業主婦がプロミスを利用できない2つの理由

そもそも本人に返済能力がない

プロミスはとても利用しやすいカードローンですが、返済能力のない人に融資はしてくれません。

消費者金融カードローンは「世帯との契約ではなく」、あくまで利用者本人との契約になります。

専業主婦の場合、配偶者に収入があるため世帯収入としては問題ありませんが、専業主婦本人の収入は0円なので、プロミスは「返済能力がない人」。

つまり「融資できない人」という判断をします。

総量規制に該当するため融資をすると違法

総量規制とは貸金業法で決められたルールの事で、「貸金業者からの借り入れは年収の3分の1まで」と決められています。

たとえば、年収300万円の人は貸金業者からの借り入れ額が100万円を超えると、新規でお金を借りれません。

総量規制のルールは、返済能力のない人に過剰融資をすることを禁止するための法律です。

専業主婦は本人年収が0円なので、「年収0円」×「年収の3分の1」=借り入れ可能金額「0円」です。

ちなみに、プロミスが総量規制に違反して融資したことが発覚すると、プロミスは貸金業法違反となり営業停止などのペナルティーを受ける事になります。

総量規制とは、貸金業者から借りられるお金の総額の上限を規制する法律です。

改正された貸金業法によって2006年12月に公布され、2007年1月から段階的に施行が進められ、2010年6月に完全施行されました。

その内容を簡単に説明すると「貸金業者が行う貸し付けは、ご本人の年収の3分の1を超えてはならない」というものです。

引用元:三井住友カード

世帯収入があってもプロミスは利用できない

世帯収入があってもプロミスは利用できない

この点はさきほどの繰り返しになりますが、プロミスが契約するのは世帯主ではなく、あくまで利用者本人です。

したがって「世帯としては返済能力がある」といっても、残念ながら専業主婦からの申し込みは受け付けてもらえません。

ただ、プロミス以外の消費者金融によっては、配偶者の同意を得て融資を受ける「配偶者貸付」という制度を利用できる場合があります。

この点については後ほど詳しく解説します。

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦がプロミスのカードローンに申し込めない…となると、そのほかの手段でお金を用意する必要がでてきます。

プロミス以外で専業主婦が融資を受けるには、以下の方法があります。

手持ちのクレジットカードでキャッシングする

本人収入がない専業主婦の場合、新規でクレジットカードを契約してもキャッシング枠は0円となるケースがほとんどです。

しかし、働いていた時に作ったクレジットカードはキャッシング枠がそのまま残っています。

10~30万円のキャッシング枠が残っていることもあるので、一度チェックしてみることをおすすめします。

配偶者貸付を利用する

この点は先ほど書いた内容になりますが、専業主婦が消費者金融から融資を受ける方法として「配偶者貸付」という制度があります。

配偶者貸付とは、専業主婦の収入が0円でも配偶者に安定した収入があれば、融資が受けれる制度の事をいいます。

ただし「配偶者の同意書が必要になる」さらには「ローン会社や利用限度額によっては配偶者の収入証明書が必要になる」ケースもあります。

したがって、配偶者に内緒で融資を受けるといった事はできません。

銀行カードローンを利用する

収入がない専業主婦でも銀行カードローンであれば申し込める場合があります。

さきほどの「総量規制」は、プロミスなどの貸金業者を規制するもので、銀行は総量規制の影響は受けません

したがって、銀行によっては年収の3分の1以上の融資をするケースもありますし、少額の利用限度額であれば専業主婦に融資をするところもあります。

ただ、実際のところは専業主婦が利用できる銀行カードローンは少なく、利用できたとしても10~30万円くらいしか借りられないケースがほとんどです。

質屋・不用品を売るなど

換金価値のあるものを質屋に持ち込む、または中古品の買い取りショップで売る方法もあります。

ただ、質屋の場合は消費者金融と比較して金利が非常に高く、消費者金融の金利が実質年率で18%のところ、質屋の場合は実質年率で50%程度になるケースもあります。

質屋で融資を受ける場合は、「質流れ」覚悟で利用する方が賢明かもしれません。

パートで働き始める

専業主婦としてプロミスに申し込んで審査落ちしても、パートで働いて安定した収入を得られるようになれば、再度プロミスの審査にチャレンジできます。

プロミスに申し込める人の条件は「20歳以上で安定した収入があること」という点だけです。

「正社員でなければ申し込めない」「年収が〇〇〇万円以上なければNG」といった条件はありません。

パートやアルバイトでも月収が安定していれば審査通過できる可能性はいくらでもあります。

ただし、パートをやりはじめて2~3ヶ月程度では審査落ちする可能性が高いため、できれば6ヶ月以上勤務してから申し込むことをおすすめします。

こういうのは要注意

専業主婦でもカンタンに融資してくれる違法業者に注意

専業主婦でもカンタンに融資してくれる違法業者に注意

インターネットやSNSなどを見ていると「無職でも無審査融資OK」「金融ブラックでも融資できます!」といった広告をよく見かけます。

お金に困った専業主婦からすると魅力的な広告に見えますが、無職の人に融資をしてくれる金融業者は「すべて違法業者」と思った方がいいでしょう。

そもそも、前述のとおり法律を遵守している貸金業者は、返済能力がない人には融資をしません。

また、信用情報機関にネガティブな情報が残っているひとに融資をする、さらには審査をせずにローンの契約をするといったことも絶対にしません。

違法業者は簡単に融資をしてくれますが、実質年率で200%を超える法外な金利手数料をとる業者もあり、一度利用したら強引な取り立てを受けるケースがほとんどです。

また、完済しても個人情報が売買されるリスクも残ります。

どうしてもお金に困っているなら、違法業者を利用するより生活困窮者のための公的融資を利用するか、債務整理を検討した方が良いでしょう。

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

まとめ

まとめ

専業主婦がカードローンに申し込めないのは、アイフル・SMBCモビット・アコム・レイクALSAなど、大手消費者金融ならどこでも同じです。

カードローンに申し込んで審査落ちすると、信用情報機関に6ヶ月間申し込み履歴が残ります。

多くの審査落ち履歴があると、他社ローンやクレジットカードの契約に支障をきたします。

最初から審査落ちするのがわかっている場合は、大手よりも中小消費者金融カードローンに申し込んだ方が良いかもしれません。

以上、プロミスは専業主婦でも利用可能?専業主婦がお金を借りる方法でした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:プロミスは専業主婦でも利用可能?専業主婦がお金を借りる方法

このコラムにおすすめのカードローン

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ