無職でお金を借りる方法。カードローンを利用できない人にも朗報

無職でお金借りる方法

無職でもお金を借りる方法がある

カードローンでお金を借りるには安定収入が必要です。当然ながら無職ではカードローンを利用することはできません。

ただ、無収入なのでお金が必要なのも事実です。

「無職だから・・・」
「収入がないから無理」

このように諦めてしまいがちですが、実は無職でもお金を借りる方法はあります。

結論を言えば無職でもお金を借りる方法はあります。もちろん無条件ではなく条件も必要になってきます。

無職と言ってもそのタイプは4種類に分けることができます。

無職のタイプは4つ

  • 専業主婦
  • 学生
  • 年金受給者
  • 失業中、転職中の人

では、それぞれの方法を解説いたします。

プロミスなら今日中にお金が借りれる

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

専業主婦の場合

専業主婦 カードローン

専業主婦は銀行カードローンを利用可能

カードローンは原則として、申し込みする本人に安定収入がないと利用できません。これは、どのカードローンの利用条件にも必ず記載されていることです。

しかし、原則には例外があります。それが専業主婦です。

専業主婦の場合、下記2つの方法でカードローンの利用が可能です。

  • 配偶者貸付
  • 銀行カードローン

配偶者貸付はデメリットもある

専業主婦が基本的にカードローンを利用できないのは総量規制が大きく関係しています。総量規制では個人が借りられる金額は年収の3分の1までなので、年収が300万円であれば、借りれるのは最高100万円迄です。

年収が0円の人は借りれません。

総量規制は消費者金融が対象なので、専業主婦は基本的に消費者金融で借り入れすることができません。

しかし、一部の消費者金融では配偶者貸付で借り入れすることが可能です。配偶者貸付とは配偶者の年収を合算した金額の3分の1以内の範囲で借り入れできます

専業主婦でも借りられるのはありがたいですが、配偶者貸付はデメリットもあります。

配偶者貸付のデメリット

  • 配偶者に内緒にできない
  • 配偶者貸付に対応している業者がほとんどない
  • 金利が高め

配偶者貸付を利用するには配偶者の同意が必須です。内緒で利用しようと思っても同意書がないと借りられません。

また配偶者貸付は手間がかかる割にカードローン会社にとってはあまり旨味がないサービスなので、取り扱っているところがほとんどありません。

プロミスやアイフルなど大手の消費者金融は扱っておらず、名前を聞いたことがない中小の消費者金融が多いです。

銀行カードローンは安心&低金利

銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいて運営しているので、総量規制対象外になります。そのため収入のない専業主婦でもカードローンを利用することができます。

銀行カードローンは低金利なので、利子負担が少なく無理なく返済できるのがメリットです。

ただし、銀行カードローンならどこでも申し込めるわけではありません。銀行によっては専業主婦に貸し付けしていないところも多いですから、申し込み前に必ず専業主婦も申し込み可能であることを確認しておきましょう。

学生の場合

学生でもカードローンはできる

学生もカードローンを利用できる

学生はカードローンを利用できないと思っている人が意外と多いですが、実は学生でも利用することは可能です。

ただし、20歳以上で安定収入があることが条件となります。安定収入はアルバイトによる収入でも問題ありません。毎月バイト代がきちんとあれば安定収入と見なされます。

無収入の学生や未成年の学生は残念ですが大手のカードローンの利用はできません。ただし、次の方法であれば収入のない学生や未成年の学生でもお金をかりることができます。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 学生ローン

正直なところ、無収入で借金をすると泥沼化しますので、おすすめは出来ません。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば学生でもお金を借りれます。学生向けのクレジットカードであれば年収がない学生でも申込可能なところがあります。

ただしキャッシング枠が必ず付与されるわけではなく、あくまでも審査結果に応じてとなります。

クレジットカードのキャッシング枠は貸金業法が適用されますので、無収入の学生ではキャッシング枠が付与されませんが、銀行が発行するクレジットカードであれば総量規制は対象外となります。

なので、無収入の学生がキャッシング枠付きのクレジットカードを作りたい場合は銀行発行のクレジットカードに申し込めばよいということです。

ただし、キャッシングはドツボにもなりますので注意しましょう。

学生ローンなら未成年の学生も借りられる!?

学生向けのローンを「学生ローン」といいます。中小の消費者金融が提供をしていて、大手では借りられない学生でも学生ローンであれば利用可能です。

一部の学生ローンでは未成年の学生でも親の同意があれば10万円まで融資可能なところもあります。親に内緒にできない点がネックですが、どうしてもお金が必要で借りたいという場合は学生ローンを検討してみると良いでしょう。

アイフルのWEB完結申込で即日融資

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

年金受給者の場合

年金受給者でも借金は出来る

年金受給者は借り入れ方法がないと思われがちですが、そんなことはありません。

年金受給者がお金を借りる方法は主に3つあります。

  • 年金担保融資
  • リバースモーゲージ
  • カードローン

年金担保融資は低金利

年金担保融資は年金担保受給権を担保にしてお金を借りる方法です

「年金を担保にするなんて詐欺じゃないの・・・?」と思うかもしれませんが、実は年金を担保に貸付することが認められている機関が2つあります。

それが、日本政策金融公庫独立行政法人福祉医療機構です。

項目 日本政策金融公庫 独立行政法人福祉医療機構
担保可能な年金 恩給、共済年金、
共済組合が支給する厚生年金
災害補償年金
国民年金
厚生年金
船員保険年金
労災年金
金利 恩給・災害補償年金担保:年0.45%
共済年金・厚生年金担保:年1.90%
年金担保:1.9%
労災年金担保:年1.2%

上記のとおり、国民・厚生年金の場合は独立行政法人福祉医療機構で、恩給や共済年金は日本政策金融公庫で年金担保融資を受けることができます。貸し付けを利用する際は「年金証書」が必要です

年金担保融資のメリットはなんと言っても低金利で借りられることです。

カードローンの金利は銀行でも最高金利が14%前後、消費者金融だと18%です。しかし年金担保融資ならば2%以下の低金利でお金を借りることができます。

違法業者による年金担保融資に要注意

年金担保融資を行うことができるのは下記の2機関だけです。

  • 日本政策金融公庫
  • 独立行政法人福祉医療機構

上記以外で年金担保融資を行っていればそれは違法業者です。民間の企業が年金担保融資を行うことは法律で禁止されています。もし、そのような業者を見かけても絶対に利用しないでください。

年金受給者でも利用可能なカードローン

年金受給者でもカードローンを利用可能です。

ただしカードローンの審査基準には年齢条件があります。どのカードローンでも申込可能な年齢には上限を設けており、最高でも70歳までです。年金受給者がカードローンを利用する際は年齢制限に注意が必要です。

また、消費者金融では年金収入のみの人は申し込みできません。一方で銀行カードローンは年金収入のみの人も申し込み可能なところがありますので、収入は年金のみだけでカードローンを利用したい場合は銀行カードローンの中から検討するのが良いでしょう。

たとえば、スルガ銀行カードローンリザーブドプランは、申し込み年齢は70歳以下とされていますが新規借り入れは75歳まで可能です。

スルガ銀行は地方銀行でありながら、カードローンは全国から申し込み可能です。

リバースモーゲージは持ち家を担保にする

持ち家を担保にしてお金を借りる方法がリバースモーゲージです。

持ち家が担保になるので返済する必要がなく、契約者が亡くなったときには持ち家を売却して売却代金を返済に充てます。

リバースモーゲージは銀行によって商品内容に違いがありますので、よく確認してから申し込むようにしてください。

失業者の場合

失業中でも借金は出来る

失業して収入がゼロになってしまえば当面の生活費をなんとかしなければいけません。雇用保険に加入していない、親から援助してもらえない場合はどうやってお金を工面すればよいのでしょうか。

収入がないとカードローンを利用できませんし求職活動しながらアルバイトで稼ぐのは難しいですね。

そのような方は「契約者貸付制度」で借り入れを検討するといいかもしれません。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険に加入しているのであれば解約返戻金を担保に保険会社から融資を受けることができます。解約返戻金の範囲内でお金を借りるため、審査はありません。

当然返済しなければいけませんが、金利は2.0%~6.0%程度とカードローンよりも圧倒的に低金利です。金利は契約した時期と保険会社により違いますので、あらかじめ確認しておきましょう。

契約している保険会社に契約者貸付制度を利用したいと伝えれば必要な手続きについて案内してくれます。申請から貸し付けまでは約1週間かかります。早いところだと即日で口座に振込してくれる保険会社もあります。

注意点は契約者貸付制度は複利という点です。返済せずにいると利子が雪だるま式に膨らんでいきますので注意してください。支払いが難しくても利子だけは払うようにしていきましょう。もし元金と利子の合計額が解約返戻金を超えた場合は、保険は解約となります。

無利子で借りれる生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、失業などで一時的に生活資金が不足している人を支援する制度です。連帯保証人を立てると無利子、保証人を立てられなくても低利子で融資を受けることができます。

資金は生活再建のためにのみ使用可能です。

生活福祉資金貸付制度は社会福祉協議会が相談・申請窓口です。いきなり申請できるわけではなく、相談したうえで担当者が資金を借りるのが妥当と判断した場合にのみ利用可能となります。

提出する書類が多く手続きが複雑なため、申請から貸し付けまではおおよそ1ヶ月かかります。利用を検討している場合は相談だけでも早めにしておくのがいいでしょう。

まとめ

「無職でも審査なしで借りられるカードローン!」などと謳っている業者は、無職で収入がない人には魅力的に見えるかもしれません。しかし、専業主婦を除いて無職の人が借りられるカードローンなんてありません。そのような謳い文句はほぼ間違いなく悪徳業者ですから、絶対に利用しないでください。

無職の人はカードローンではなく、低金利の公的制度を検討するようにしましょう。

以上、無職でお金を借りる方法。カードローンを利用できない人にも朗報のまとめでした。

このコラムにおすすめのカードローン

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ