SMBCモビットは金融ブラックでも借りられる?

SMBCモビットは金融ブラックでも借りられる?

インターネットの情報を見ていると「金融ブラックでも審査通過出来た」という書き込みをよく見かけます。

そもそも、どんな状態を「金融ブラック」というのか?今回は、ローンの申し込みなどで当たり前のように使っている「ブラック」という言葉について、掘り下げてみます。

また、金融ブラックになった人でもSMBCモビットの申し込みで審査に通るのか?といった点も詳しく解説します。

金融ブラックとは?

延滞履歴は信用情報機関に登録されている

金融ブラックになりやすいケース サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

そもそも、金融ブラックとはどんな状態のことを指すのか?

金融ブラックとは?

  • 信用情報機関に事故情報が登録されている状態の事

カードローンやクレジットカードといった後払いサービスを利用すると、全ての取り引き状況が信用情報機関という場所に保存されます。

新規でカードローンなどを申し込む時に、金融機関は必ずこの信用情報機関の情報を確認して、申込者が過去の支払いで問題を起こしていないかチェックします。

そこで支払いの滞納などの金融事故履歴があると、カード会社からの信頼を失ってしまって結果、審査にはじかれてしまいます。このような状態がいわゆるブラック入りしている状態です。

実際、どのような事をすると金融ブラックになりやすいのか?いくつかのケースを見ていきます。

金融ブラックになりやすいケース

  • 消費者金融や銀行などから借り入れをしていて、その返済を滞らせた
  • 延滞が原因でローンを強制解約された
  • 保証会社が利用者に代わって代位弁済した

ただ、金融事故を発生させただけでは金融ブラックにはならず、ローン会社や銀行が金融事故を信用情報機関に登録した後に金融ブラック状態になります。

金融ブラックになりやすいケース

長期延滞は事故情報が5年間残る

ブラック入りする条件の中でも圧倒的に多いのが、カードローンやクレジットカードの長期延滞です。

具体的にどれくらいの期間延滞してしまうと、長期延滞として信用情報機関に事故情報が登録されてしまうのか?

長期延滞になる期間

  • 61日以上、または3ヶ月以上支払い延滞

数日程度や1ヶ月前後の延滞ならまだしも、3ヶ月以上の延滞で信用情報機関に事故情報が登録されます。

もし、長期延滞で金融ブラックになった場合、いつ事故情報が無くなるかというと、全額返済しないと消えません。

事故情報はいつ消える?

  • 全額返済してから5年後まで続く

延滞分を全て返済してからすぐに事故情報がクリアになる訳ではなく、全額返済してから5年後まで続きます。

返済してからようやく保存期間のカウントダウンが始まるので、1度登録されると消えるまでが長いです。

事故情報の保存期間

  • 個人信用情報センター :延滞解消をしてから5年
  • 日本信用情報機構  :延滞解消をしてから1年
  • CIC「シー・アイ・シー」 :延滞解消をしてから5年

ネガティブな情報が残っている間は、新規でカードローンやクレジットカードに申し込んでも審査通過は難しいので、返済を済ませてから申し込みをしましょう。

債務整理の履歴も信用情報機関に登録される

債務整理の履歴も信用情報機関に登録される サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

債務整理は支払いに困った人の最終手段のようなもので、借金の利息を減免してもらって長期で返済したり、支払えない事を認めてもらう手続きです。

よく聞く自己破産も債務整理の1つで、債務整理をした履歴も信用情報機関に登録されます。

債務整理のリスク

  • 5~10年間クレジットカードやローンが利用出来ない

整理が認められてから5年後まで信用情報機関に情報が残り続けるので、新規ローンの契約やクレジットカードの入会は難しいです。

自己破産については最長10年間も事故情報が残るので、長期延滞の金融ブラック以上に信用を失ってしまいます。

カードローンやクレジットカードの強制解約

カードローンやクレジットカードが強制解約された履歴も、信用情報機関に登録されます。

注意点

  • 強制解約の履歴だけでなく、代位弁済の事実も登録される

銀行カードローンで強制解約になると、保証会社が本人に代わって銀行へ支払いますが、代位弁済をされた事も信用情報機関に残ってしまいます。

借りたお金を返せなくなって保証会社に払って貰ったという情報が、解約日から5年後まで残り、この期間ずっと信頼を取り戻す事が出来ません。

意外な落とし穴

スマホ代金の未払いも金融ブラックの原因になる

スマホ代金の未払いも金融ブラックの原因になる サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

意外なところで金融ブラックになってしまうのが、スマホ分割払いの滞納です。

金融ブラックと言うと、カードローンやクレジットカードのイメージが強いですが、基本的に後払いサービスは全て含まれるので、スマホ料金の滞納も金融ブラックの対象になります。

信用情報機関に登録されるサービス

  1. 消費者金融カードローン
  2. 銀行のローン
  3. クレジットカード
  4. スマホの分割払い

最近のスマホは10万円以上するものも多いので、購入する場合はほとんどの人が分割払いを選択すると思います。

スマホの契約では「毎月のお支払いは〇〇円です」と店員に言われるだけなので、自分ではスマホをローンで支払っている感覚がない人もいますが、スマホの分割払いも立派なローンです。

スマホ代金を滞納するとどうなる?

  • ローンの長期延滞として金融ブラックの扱いになる

スマホ代金を滞納すると、携帯キャリアの強制解約だけでなく、ローンの長期延滞として金融ブラック扱いになってしまうので要注意です。

参考までに、KDDIの割賦代金に関する注意事項の一部を抜粋しておきます。

KDDIの割賦代金に関する注意事項

①支払延滞情報は完済から5年間は指定信用情報機関に記録が残ります。
②指定信用情報機関に登録された情報は、信用情報機関に加盟する他の事業者が審査に利用します。
そのため、支払延滞情報があると、他のクレジット契約(携帯電話などの分割払い、クレジットカードの作成、ローン契約等)ができなくなる場合があります。

引用元:KDDI公式 個品割賦販売契約(分割払い)にあたって

注意事項の中には、信用情報機関への情報登録についての文言が明記されています。

スマホの分割代金を滞納した場合でも、後々のローン契約やクレジットカードの入会に影響を及ぼしてしまう事がよく分かります。

金融ブラックと思っていても審査通過できるケース

延滞していてもすぐに返済している人

延滞していてもすぐに返済している人 サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

延滞経験のある人だと、新規でSMBCモビットを申し込みたくても「自分は多分金融ブラックだから審査は通らないだろう」と思いがちです。

確かに、自己破産レベルの金融ブラックの人は審査通過は難しいですが、自分で金融ブラックと思っているだけで、実は審査通過の可能性がある人は沢山います。

審査通過の可能性がある人

  • 延滞してもすぐに返済している人

カードローンやクレジットカードの返済に1~2日遅れた、というケースは誰にでもある事です。

このような短期の延滞であってもすぐに返済していれば、基本的には金融事故としては登録されません。

返済期日に1日遅れた事実そのものは信用情報機関に登録されますが、延滞事故がブラックになるかどうかは、延滞を金融機関が金融事故として扱うかどうかは別です。

ほとんどの金融機関は、数日程度の延滞なら金融事故としてではなくうっかりミスとして扱ってくれるので、SMBCモビットの申し込みに際してもそれほど問題にはならないでしょう。

他社の借り入れが多い人

SMBCモビット以外にも、他社でカードローンをたくさん利用している人も多いと思いますが、単に借り入れが多いだけでは金融ブラックにはなりません

年収に対して無理のない借り入れをしてきちんと返済しているなら、SMBCモビットの審査に通る可能性はいくらでもあります。

注意点

  • すでに他社カードローンで上限ぎりぎりまで借りてる人は審査は難しい

ちなみにSMBCモビットは、消費者金融で「総量規制のルール」の対象となるカードローンです。

総量規制のルールとは簡単に言うと、年収の3分の1までしか借り入れ出来ないという規則です。すでに他社のカードローンで上限ぎりぎりまで借りている場合は、SMBCモビットの審査通過は難しいです。

SMBCモビットの審査に通る為のコツ

カードローンやクレジットカードの同時申し込みを控える

SMBCモビットの審査に通る為のコツ サルでも分かるおすすめクレジットカードオリジナル画像

カードローンの審査が不安で、複数のローンに同時申し込みをする人がいますが、SMBCモビットに申し込む場合、同時に申し込むのは2~3社程度にしておきましょう。

注意点

  • 申込み履歴は信用情報機関に6ヶ月間残る

消費者金融や銀行のカードローンに何枚も申し込むと、その申し込み履歴は信用情報機関に6ヶ月間残ります。さらに、申し込んだ履歴だけ残ってローンの契約履歴がないと、審査に落ちた事もバレます。

ローン申し込みの履歴は信用情報機関に加盟している金融機関ならチェック出来るので、もし多重申し込みの履歴が見つかると以下のような印象を持たれてしまいます。

多重申し込みはマイナスな印象になる

  • 相当お金に困っている人
  • 他社でも審査に落ち続けている人

こういったマイナスな印象を持たれると、ますます新規ローンの審査通過が難しくなるので要注意です。

信用情報機関の本人開示サービスを利用する

自分が金融ブラックかどうか確認したい人は、信用情報機関が提供している「本人情報開示サービス」の利用がオススメです。

本人情報開示サービスは手数料550(税込)~1,100円(税込)を払うと登録されている本人情報を開示してくれるので、カードの支払い状況がどういった感じで登録されているか気になる人はチェック出来ます。

申込み方法 受付時間 手数料
窓口 平日のみ
10:00~12:00
13:00~16:00
550円(税込)
スマホ・パソコン 毎日
8:00~21:45
1,100円(税込)
郵送開示 申込みから10日程度で届く

窓口だと半額の550円(税込)で開示して貰えますが、窓口は都市にしか無いので不便な面がありますが、スマホやパソコンなら土日でも即時に確認出来るので便利です。

情報を開示してもらった結果、問題なければ安心してSMBCモビットに申し込めばOKですが、万が一ネガティブな情報が残っている場合は情報が消えるまでローンの新規申し込みは控えた方がいいでしょう。

以上、SMBCモビットは金融ブラックでも借りられる?でした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:SMBCモビットは金融ブラックでも借りられる?

このコラムにおすすめのカードローン

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ