プロミスのカードローンのメリット・デメリットを検証した

プロミスのカードローンのメリット・デメリットを検証

プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融です。プロミスのカードローンはテレビCMでもおなじみです。

スピーディーな融資に定評があり、急な出費にも対応してくれます。「アプリローン」という新サービスを開始して、ますます便利になりました。

そんなプロミスのメリット・デメリットを見ていきます。

2017年10月に発表した「アプリローン」は非常に便利

プロミスは2017年10月にスマホのアプリに対応した「アプリローン」を発表しました。スマホ1台で申し込み→審査→融資まで、全て完結するという優れものです。カードローンが手軽に簡単に利用することができます。

【アプリローンの特徴】

  • 最短で1時間の融資が可能
  • 初めての利用なら30日間無利息

【アプリローンの4つのメリット】

  • 来店不要で自宅などへの郵送物もなし
  • カード不要でアプリで返済や出金が可能
  • 三井住友VISAプリペイドカードのチャージがアプリでできる
  • スマホ画面の提示だけで使える割引の「アプリdeクーポン!」など優待サービスがある

申し込みは自動入力機能で簡単にでき、本人確認もスマホで撮影するアップするだけです。
自身の口座の入金はアプリから振込キャッシング、現金の入出金はスマホATMで24時間可能です。

カードが不要でスマホ1台で申し込み当日でも、全国のセブンイレブンに設置しているセブン銀行ATMが利用できます。

便利な機能はこれだけではありません。プロミスの振込キャッシングを利用すれば、アプリから三井住友VISAプリペイドへのチャージ、残高を確認できます。プロミスはメガバンクのグループとあって、こんなところにも便利さがあります。

プロミスのメリットとは

プロミスのメリットは数多くありますが、特徴的なのはスピーディーな審査と融資です。Webでの申し込みでは、最短30分で審査状況の可否が分かります。

申し込みは24時間対応ですが、最短30分審査を通すためには条件があります。申込時の「希望連絡時間」を9~21時間に設定します。有人オペレーターによる本人確認などのコールをスピーディーにするためです。

【プロミスのメリット】

  • 初回に限り、借入日の翌日から30日間無利息
  • 最短で1時間融資が可能
  • 最短10秒で融資が可能な「瞬フリ」がある

三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の口座なら、平日の14時50分までが当日の振込融資の締め切りになります。「瞬フリ」は三井住友銀行、ジャパンネット銀行に口座がある場合に限ります。

2012年に三井住友銀行グループの「SMBCコンシューマーファイナンス」に社名を変更して、完全子会社化になりました。「プロミス」ブランドは継続していますが、メガバンクのグループ化で利便性が高まりました。

プロミスのカードローンの基本スペック

プロミスのカードローンの基本スペックを見ていきます。使い道は生計費に限りますが、個人事業主の場合、事業費に充当することもできます。

非正規雇用者以外のパート、アルバイトでも審査条件の対象になります。

【プロミスカードローンの概要】

用途 内容
使い道 生計費に限る
(個人事業主の方は生計費、および事業費に限る)
年齢条件 20~69歳まで
申込条件 安定した収入のある方
借入利息 4.5~17.8%(新規契約者が対象)
利用限度額 500万円まで
最長返済回数 80回(最長6年9カ月)
即日融資 最短即日融資が可能
返済方法 残高スライド元利定額返済方法
約定支払日 毎月5日、15日、25日、末日から選択
毎月返済額 最低4,000円(残高が10万円以下の場合)

プロミスのカードローンのデメリット

プロミスのカードローンは、デメリットもしっかり理解することが重要です。利用を検討している人は、自己の利用状況を考えながら、参考にしてください。

【プロミスのカードローンのデメリット】

  • 銀行のカードローンに比べて金利が割高
  • 総量規制に対象になる

カードローンには、少なからずデメリットがあります。消費者金融系のカードローンは、銀行が直接リリースしているカードローンよりも金利が高めです。

もう1つのハードルは「総量規制」の対象になることです。消費者金融系のカードローンは、年収の3分の1を超えて借り入れることができません。借り入れが複数あれば、合算されます。銀行のカードローンは、総量規制が適用されません。

まとめ

プロミスのカードローンは、スピード感あふれる対応が特徴です。即日融資はもちろん、審査時間、振り込み時間もほぼ最速級です。

利用者目線に立った商品展開に定評があるカードローンといえます。

以上、プロミスのカードローンのメリット・デメリットを検証したのまとめでした。

みずほ銀行カードローンを徹底解説!他社と比較してわかるメリット・デメリット みずほ銀行カードローンの特徴とメリット みずほ銀行カードローンは低金利で幅広い方に融資している銀行カードローンです。最大限度額800万円と高額の借り入れにも対応しているのも特徴です。借り入れ可能額が高いから、複数のカードローンを利用する必要がありません。また限度額が高ければ金利は低くなりますので、利子を抑えたい方にはピッタリの一枚です。 この記事を読む カードローンの金利って何?どうやって計算する? 金利の計算の仕方 カードローンの広告で金利0円をアピールしているのを見かける事も多いと思いますが、正直金利とかよく分からないという人も多いと思います。これは簡単で「借りた金額×18%(金利)」=年間金利になります。1日単位を出す場合は、それを365日で割れば1日の金利が分かります。具体的にシュミレーションをしてみました。 この記事を読む みずほ銀行カードローンを最速で借りる方法!WEB完結なら来店不要 みずほ銀行カードローンを最速で借りる方法!WEB完結なら来店不要 みずほ銀行カードローンを最速で借りる方法のまとめ みずほ銀行の口座があればキャッシュカード兼用で借りられる みずほ銀行の口座があれば収入証明書だけで申込OK 申し込み~契約の流れ ①ホームページで申し込み ②審査結果の通... この記事を読む

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ