プロミスのカードローンの審査や難易度は?

プロミスのカードローンの審査の難易度は、どのようになっているのでしょうか。条件などが気になります。

今回は、急な出費ですぐに利用したいけど、審査の状況が少し不安になります。プロミスのカードローンの審査とその難易度を見ていきます。

プロミスの審査条件はこんな感じ

プロミスの審査基準は、最低限の条件がクリアされていることが必要になります。重要なのは順に「年収」「過去の返済履歴」「現在の借り入れ状況」です。

プロミスは、メガバングの三井住友銀行グループのカードローンです。そのため、審査基準のハードルの高さが気になります。ただ、プロミスの審査基準が、融資の可否を決定するので、そこまでナーバスになる必要はありません。

プロミスのカードローンの申し込み条件

  • 20~69歳以下
  • 安定した収入がある
  • 主婦、学生でもパート、アルバイトで安定収入がある

プロミスの申し込み条件は、他社のカードローンに比べて特段、厳しい内容ではありません。利用できる層がかなり広くなっています。もちろん、最低でも上記の条件を全て満たしていることが必須です。

プロミスの公式サイトでは、主婦や学生でもパート、アルバイトなどで安定収入があれば、審査の対象になると明記しています。

逆に考えると、正規雇用者ではなく、パートやアルバイトでも、安定収入があればOKということです。プロミスのカードローンは、より幅広い人たちが対象になるといえます。

審査で最も重要なのは、過去6カ月以内に延滞歴などがないことです。民間の信用調査機関の情報は、金融機関やクレジットカード会社などでの利用歴を記録しています。

過去6カ月以内に延滞歴のある人は、審査に通りにくくなります。

プロミスの審査の方法

プロミスのカードローンの審査方法を見ていきます。申し込みは来店が不要で、パソコンやスマホなどのWeb申し込みができます。Web申し込みは、ほぼ全てのカードローン各社で行っているサービスです。

プロミスのカードローンは申し込みの前の「お借入診断」がWebで出来ます。「お借入シミュレーション」機能で3項目を入力するだけで事前審査が可能です。このシミュレーションから、そのまま本申し込みに移行できます。

お借入シミュレーションの入力項目

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社お借入金額

入力はパソコンやスマホでも簡単にできます。「現在の他社のお借入金額」は次の各種ローンは除きます。

これらは借り入れに入らない

  • 住宅ローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのショッピング利用

上記の3ローンは年収の3分の1を超えて新たな借り入れができない「総量規制」対象外になります。銀行系のローンは、総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象になります。

【申し込みに必要な書類】

▽本人確認書類=以下のいずれか

  • 運転免許証
  • 健康保険証(+住民票)
  • パスポート(+住民票)

借入額が50万円以上を希望する人、他社との借入残高が100万円を超える場合は、次の書類が必要です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2カ月+1年分の賞与明細書)
    賞与がない場合は直近2カ月分の給与明細のみでOK

審査では本人確認、会社への在籍確認で電話連絡があります。ただし、審査担当者は「プロミス」の会社を名乗らず、個人名でかけてきます。

顧客のプライバシーに最大限に配慮した対応をしてくれるので安心です。

プロミスの「Web完結」は便利でスピーディー

プロミスのカードローンの申し込みでおすすめなのが「Web完結」です。その名の通り、申し込みから融資、返済まで全てWebで完結します。パソコンやスマホでいつでもどこでもできるのが最大の利点です。

【プロミスのWeb完結の特徴】

  • 即日融資が可能で審査結果が最短30分
  • Web申し込み、口フリ(口座振替)だと、郵送物なし
  • カードが必要ない

Web完結は、スピーディーな審査対応が特徴ですが、それだけではありません。カードを一切使うことなく融資から返済までできます。

カードがあると管理が大変になり、家族や周囲にばれる可能性もあります。Web完結では、これらの一連の作業を全部、Web上でやり取りできるのがポイントです。

申し込み時に「カードなし」を選択することが必要です。カードローンなのにカードがない、というのが利便性向上のキーワードです。

まとめ

プロミスは消費者金融大手のカードローンです。三井住友銀行グループですので、利便性を向上させるための各種スキームも豊富です。

カードローンの利便性向上が日進月歩だということを、プロミスが見事に具現しています。

以上、プロミスのカードローンの審査や難易度は?のまとめでした。

プロミスのカードローンのメリット・デメリットを検証した プロミスのカードローンのメリット・デメリットを検証 プロミスのメリットは3つあります。「初回に限り、借入日の翌日から30日間無利息」「最短で1時間融資が可能」「最短10秒で融資が可能な「瞬フリ」がある」の3つです。デメリットは「銀行のカードローンに比べて金利が割高」「総量規制に対象になる」の2つになります。 この記事を読む みずほ銀行カードローンを最速で借りる方法!WEB完結なら来店不要 みずほ銀行カードローンを最速で借りる方法!WEB完結なら来店不要 みずほ銀行カードローンを最速で借りる方法のまとめ みずほ銀行の口座があればキャッシュカード兼用で借りられる みずほ銀行の口座があれば収入証明書だけで申込OK 申し込み~契約の流れ ①ホームページで申し込み ②審査結果の通... この記事を読む 「SMBCモビット」のカードローンの審査や難易度は? 「SMBCモビット」のカードローンの審査や難易度は? 目次 SMBCモビットの審査の内容 SMBCモビットの審査の方法 「WEB完結申込」にすると電話・郵送物なし まとめ 最近、SMBCモビットの広告を至るところでみます。 実際「SMBCモビット」のカードローンの審査と難易... この記事を読む

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ