プロミスで即日融資!今日中にお金借りたいなら必見です!

プロミスで即日融資!

Photo by Span X

プロミスで確実に借りるためにする事

プロミスは最短1時間融資を謳っているスピード融資が自慢のカードローンです。

また、融資の早さだけでなく即日融資可能な時間帯が幅広いのも特徴です。夜遅くまで対応しているので、その日に借りれる確率が高いというメリットがあります。

プロミスの即日融資は、WEB完結無人契約機と2通りあります。自分の状況に適した方法で即日融資を受けることができます。

今回はプロミスで即日融資する方法について解説します。

プロミスの審査時間は最短30分

カードローン審査は「その人にお金を貸しても問題ないか?」を見極めるために行います。いい加減な審査をすれば、カードローン会社は返済されず損失を被るので慎重に審査する必要があります。

そのため、カードローン審査は時間がかかるもの・・・そう思っている人が多いと思います。

しかし、プロミスなら審査は最短30分で完了します。審査が早く終わればその後の手続きも早く移ることができ、スムーズに進めばその日のうちにお金を借りることも出来ます。

WEB完結は来店不要で最短1時間融資

WEB完結は来店不要

プロミスはWEB完結で申し込めば最短1時間で現金を手にすることも可能です。申し込みはスマホや携帯電話からになります。

審査時間を公表しているカードローン会社は多いですが、融資時間も公表しているのは実はプロミスだけ。それほどプロミスは融資スピードにも自信があるということです。

他の即日融資対応のカードローンではよくて最短即日ですから、とにかく早く現金が必要という方はプロミスのWEB完結がおすすめです。

プロミスのカードローンの審査や難易度は? プロミスのカードローンの審査や難易度は? プロミスの審査基準は、最低限の条件がクリアされていることが必要になります。20~69歳以下、安定した収入がある。なので、主婦、学生でもパート、アルバイトでも安定収入があればOK。重要なのは順に年収、過去の返済履歴、現在の借り入れ状況です。 この記事を読む

プロミスなら今日中にお金が借りれる

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

スムーズに手続するためにも必要書類を揃えておく

少しでも早くお金を借りたいのであれば、事前に必要書類を用意しておく必要があります。即日融資する場合の必要書類は通常の手続きと何ら変わりはありません。

借りるのに必要な書類

  • 本人確認書類
     (運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのどれか)
  • 収入証明書(希望限度額50万円を超える場合)

<要注意!健康保険証は他の書類も必要>

健康保険証は顔写真が付いていないため単体では使えません。現住所を確認できる書類とセットで提出する必要があります。いずれも発行した日から半年以内のものが有効です。

限度額50万円以上は収入証明書も必要

50万円以上なら収入証明書が必要

下記いずれかに該当する場合は収入証明書も提出します。

収入証明書が必要な場合

  • プロミスでの借入限度額が50万円を超える場合
  • 他社借り入れとプロミスの限度額を合算して100万円を超える場合

収入証明書は次の3点のいずれかでOK

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 確定申告書

いずれも最新のものを用意しましょう。マイナンバーが記載されている場合はふせんなどで隠して提出しましょう。

無人契約機で借りるパターン

WEB申込み⇒無人契約機で即日融資する方法

最短かつ確率の高い方法が「WEB申込み⇒無人契約機」です。無人契約機でカード受取すればその日からお金を借りることができます。

なお、無人契約機の営業時間は地域によって若干違います。22時には閉まりますので、その前にカード受け取りできるよう時間に余裕を持って来店するようにしてください。

無人契約機で即日融資する方法

① プロミス公式サイトで申込み
② 仮審査
③ 審査結果の連絡
④ 内容確認の電話
⑤ 無人契約機で手続き
⑥ カード発行

WEBで申込み

まず、プロミス公式サイトにアクセスし、新規申し込みをクリックします。申込みフォームは「カンタン入力でお申込み」と「フル入力でお申込み」の2種類から選べます。

カンタン入力では申込み後に電話による質問に答える必要があるので手間がかかります。フル入力ならWEB上で入力するだけで申込みが完了します。

入力項目は多いので大変ですが、間違いがないように注意しましょう。

契約方法は「来店」を選択しましょう。審査結果の連絡方法はメールまたは電話を選べます。

審査結果の連絡

申込み完了後、仮審査が実施されます。

仮審査はコンピュータが自動で行うので時間はかかりません。早ければ30分後には結果が出ています。混み合っている場合は1~2時間程かかります。

仮審査が終わると、審査結果と限度額が伝えられます。

カードローンの金利を減らす方法を公開 金利の計算の仕方 カードローンの金利を減らす方法は、借り換えか、おまとめローンを利用する方法があります。1社にまとめる事で金額が大きくなり金利が下がります。「うちにまとめてくれるのなら金利を安くします」というカードローン会社もあります。他には繰り上げ返済をする事で金利が下がります。 この記事を読む

WEB完結申込で即日融資が出来る

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

無人契約機で手続き・カード発行

仮審査に通過したら、必要書類を忘れずに持って無人契約機へ来店します。

無人契約機での手続きは、申し込み受付⇒本人確認書類のスキャン⇒契約手続き⇒カード発行の流れで行われます。どれも簡単に出来ます。

分からない事は備え付けの電話でオペレーターに質問できます。無人契約機での手続きにかかる時間は約30分です。

すべての手続きが終わると、その場でローンカードが発行されます。

プロミスで即日融資!今日中にお金借りたいなら必見です! プロミスで即日融資! プロミスは最短1時間融資が可能です。即日融資の方法は、ネットから申し込む「WEB完結」か「無人契約機」と2通り。人に会わず、無人契約機も使いたくない場合は「WEB完結」。審査が通れば自分の指定した口座にお金を振り込んでくれますので、簡単に借りる事が出来ます。 この記事を読む

振込キャッシングで借りるパターン

WEB申込み⇒振込キャッシングで即日融資

プロミスで審査落ちしない方法

無人契約機に行かなくて良いので、おすすめの方法です。

申込みから契約まですべてWEB上で完結させて、振込依頼すれば指定口座に希望した金額をその日のうちに振込してもらいます。

振込キャッシングで即日融資するには平日14時までに契約完了させる必要があります。そのためにも、申込みは午前中のうちに済ませておきましょう。

振込キャッシングで借りるパターン

① プロミス公式サイトから申込み
② 必要書類提出
③ WEB上で契約
④ 振込キャッシングの依頼

プロミス公式サイトから申込み

プロミス公式サイトにアクセスして申し込みを開始します。

契約方法はWebを選びます。ここで「来店」を選択してしまうと無人契約機に出向かなければいけませんので注意が必要です。

プロミス公式サイトはこちらから

必要書類提出

すべての項目を入力したら、必要書類の提出を行います。

本人確認書類と必要であれば収入証明書をスマホカメラなどで撮影して画像をアップロードします。プロミスではスマホ専用アプリでも提出可能です。

申込みフォームと一緒に書類を提出したら、審査が開始されます。

WEB上で契約

審査に通過したら契約手続きを行います。返済方法は口座振替を選択します。

ローンカードの郵送を希望するかどうか聞かれますので該当する方を選択してください。家族バレを避けたい場合は郵送希望なしを選択するといいでしょう。

振込キャッシングの依頼

契約完了後、プロミス会員ページにログインして振込依頼の手続きをします。平日14時50分までに手続き完了すれば、即日で口座に振り込まれます。

カードローン限度額の秘密を解説!極度額と何が違う? カードローン限度額の秘密を解説!極度額も カードローンを利用する時に気になるのは、まだ借りれるか?という限度額ではないでしょうか?金利は意識していない人が多いと思います。カードローンには限度額がありますが、希望額を必ず借りられるわけではありません。また限度額は人によって違います。限度額は年収、雇用形態、勤続年数、他社借入件数・金額、信用情報によって違います この記事を読む

審査を早く進めるために

融資に落ちない方法

必ず30分で審査完了するわけじゃない!

プロミスは最短30分で審査が完了するからこそ融資までが早いですが、必ずしも30分以内に審査が終わるわけではありません。

実際にプロミスに申し込んだけれど「結果が出るまでに2時間もかかった」という人もいます。

最短30分はあくまでもスムーズに審査が進んだ場合で、審査に時間がかかる事もあります。

特に下記に該当すると審査に時間がかかります。

  • 希望限度額が高い
  • 申込内容に不備がある
  • 信用情報に問題がある

プロミスの審査を早めるためにできる3つのこと

個人信用情報はこれまでのローンやクレジットカードの利用の積み重ねですので、いまさらどうすることもできません。

しかし、それでも審査を早める方法はありますので、ここで紹介します。少しでも審査を早く終らせるためには以下4つの方法を実践してみてください。

  • 必要書類に不備がないか確認する
  • 申し込み書は「正直」&「正確」に記入する
  • 希望限度額は必要最小限にする
  • プロミスからの電話にすぐ対応する

モビットならWEB完結で在籍確認ナシ

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒簡易審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

土日に借りたい時はどうする?

プロミスは土日も借りれる

プロミスで土日祝日に即日融資!来店不要で借り入れもOK!

プロミスは土日祝日も審査を実施しているので、即日融資を受けることも可能です。

プロミスで土日祝日に即日融資する方法は2通り

  • 振込キャッシング
  • 無人契約機でカード発行

通常、土日祝日の即日融資は無人契約機でカードを受け取ってATMで借りるしか方法がありません。土日祝日は銀行の休業日のため振込手続きしても実際に入金されるのは休み明けになってしまうからです。

しかし、プロミスの場合はジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座を持っていれば、土日祝日でも振込キャッシングで即日融資が可能です。休日でも来店不要で即日融資できるのはありがたいことです。

大丈夫?カードローンが利用できない人になってない? 大丈夫?カードローンが利用できない人になってない? カードローンが出来ない人はここが原因です。収入が無い・無職である。個人情報がブラックリストになってる。複数会社からの借金がある。生活保護者だ。年齢が未成年や高齢者に該当する。専業主婦でも銀行系のカードローンなら配偶者として借りれる事もあります。 この記事を読む

まとめ

プロミスは審査が早く、手続き可能な時間帯が幅広いので即日融資しやすいカードローンです。

申し込みする時間帯が平日の午前中であればWEB完結で、午後に申し込みする場合は無人契約機といったように状況に適した方法で即日融資できます。

ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座を持っている場合は、土日祝日でも振り込みで即日融資可能です。

以上、プロミスで即日融資!今日中にお金借りたいなら必見です!のまとめでした。

カードローンの審査に落ちない方法 カードローンの審査に落ちない方法 カードローンの審査に落ちるタイプには共通性があります。多重債務で支払いを遅延している場合。年収・勤務年数・居住年数のいずれかが低いなども該当します。審査に落ちないためにする事は、申し込み時の融資の申請金額を最小限にしておいて、徐々に融資枠を上げて行くのがベターです。 この記事を読む スルガ銀行カードローンの審査って厳しい?審査基準から考えてみた スルガ銀行カードローンの審査って厳しい? スルガ銀行カードローンの審査をクリアするために最低限必要な基準は次の2つ。「20歳以上70歳以下」「自身または配偶者に安定収入がある」。審査が通らないパターンは3ヶ月以上の延滞や過去に債務整理した事があるなど。よって決して審査が通りにくい銀行ローンではありません。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカードローン

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒簡易審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ