SMBCモビットのカードローンの審査や難易度は?

「SMBCモビット」のカードローンの審査や難易度は?

Photo by Khalid Mir

最近、SMBCモビットの広告を至るところでみます。

実際、SMBCモビットのカードローンの審査と難易度どうなのでしょうか。属性によって左右されるのか、否決されてしまうのか。とても気になるところです。

今日は、SMBCモビットの審査や難易度について解説いたします。

SMBCモビットの審査の内容

SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融です。当然ですが、審査は一定の基準を満たさないと通りません。メガバンクのグループなので、ハードルが高いかもしれないと思われますが、実はそうでもありません。

といっても、審査が甘くて簡単という訳ではありません。肝心なのは、基準を満たしているかどうかです。まず、審査の第一条件になるのが申し込み条件です。

【SMBCモビット カードローンの申し込み条件】

  • 年齢が20~69歳
  • 安定した定期収入のある方
  • アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
  • 当社基準を満たす方

他社の条件と比べて、厳しいところは特にありません。ハードルが高いどころか、かなり門戸が広いと思います。

クレジットカードの入会条件は、正規雇用者・契約社員などの属性が必須になるケースも多いですがSMBCモビットのカードローンは、かなり柔軟な対応です。

要は正社員だろうが、アルバイトだろうが雇用形態は問わないという事になります。

ここで気になるのが当社基準を満たす方ですが、これはカードローンの各社が独自に設定している審査基準になります。もちろん、公開されない部分といえます。過去にクレジットカードなどで延滞歴などがなければ、特に気にすることはありません。

SMBCモビットならWEB完結で電話連絡ナシ

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒簡易審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

SMBCモビットの審査の方法

SMBCモビットの審査の手順は非常にスムーズに出来ます。審査を受ける前に、Webで簡単にできる「お借入診断」もあります。

生年月日税込み年収他社借入額の3項目を入力するだけで10秒簡易審査が出来ます。あくまで目安としての診断ですが有効に使えます。ちなみに他社借入額は下記の各種ローンなどは含まれません。

他社借入額に入らないモノ

  • 住宅ローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのショッピング利用

いきなり申し込むのに抵抗のある人は、公式サイトにある「お借入診断」をおすすめします。少しでも不安がある人には、ぜひともおすすめです。これで借りれるか借りれないかが、おおよそ分かります。

お借入診断で融資の可能性があれば審査に進むとして、審査にはコンピューターで行う「仮審査」のあと、担当者が行う本審査があります。本審査にはに本人確認の電話連絡もあります。

SMBCモビットでは、最速30分で審査が完了します。融資を急いでいる人にはありがたいです。ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

申し込みに必要な書類

▽本人確認書類=以下のいずれか

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

▽収入証明書類=以下のいずれか

  • 源泉徴収票の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 税務通知書の写し
  • 給与明細書の写し

仮審査を通過すると、本審査に進みます。オペレーターが個人名(山本や佐藤など)で電話をかけてきます。

本人確認ができないと、その時点で審査は止まります。もちろん、電話に出られなくても、複数回かかってくるので安心してください。

SMBCモビットの「WEB完結申込」にすると電話・郵送物なし

WEB完結申込

SMBCモビットのカードローンでおすすめなのがWEB完結申込です。これは、オペレーターからの電話確認がなく、自宅などに郵便物もきません。スピーディーな対応で、融資を急いでいる人にも最適です。

ただし、このWEB完結申込には一定条件があります。

WEB完結申込の条件

▽下記の銀行口座のどれかを持っている

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

▽本人確認書類がある

  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)
  • 健康保険組合の保険証

WEB完結申込の対象者は会社員や公務員に限定されます。自営業者やアルバイト、パートは、国民健康保険証になるので対象外です。

社会保険証や組合保険証には、勤務先の会社名が明記されています。このため、会社への電話連絡の必要がなく、コールセンターからの確認がありません。審査担当者の手間暇がかからないからです。

国保の保険証は、無職の人も対象ですのでWEB上で自営業なのか無職なのかが区別がつきません。よって自営業者やアルバイト・パートの人は通常の申込になります。

まとめ

SMBCモビットのカードローンは、利用者に配慮した申し込み・審査方法といえます。特にWEB完結申込は電話も郵送物もないので、プライバシーも守れます。

SMBCモビットは消費者金融系のカードローンの短所をカバーしているオススメの消費者金融ローンといえます。

以上、「SMBCモビット」のカードローンの審査や難易度は?のまとめでした。

カードローン審査に落ちる人には特徴があった カードローン審査に落ちる人の特徴 カードローン審査に通らない人の特徴があります。主な理由は「信用情報に傷がある」「総量規制に抵触している」など他にも色々理由があります。今回、このコラムを読むことで「カードローンの審査に落ちない」対策も解説しています。 この記事を読む カードローンの審査基準は?審査に有利な条件・不利な条件ってある? カードローンの審査基準は? カードローンの審査項目は「属性の審査」「信用情報の審査」「提出書類の確認」「在籍確認」の4つになります。勤続年数が多く年収も多い人が審査に通りやすいというのもあります。主婦やアルバイトでも安定した収入があれば審査は通ります。 この記事を読む カードローン審査の在籍確認って何?職場にバレない? カードローン審査の在籍確認って何?職場にバレない? WEB完結で書類が揃っていれば在籍確認をしない消費者金融もあります。プロミスやモビットなどは郵便物もナシに出来ます。在籍確認の電話でバレないようにしてくれても、部署によって電話がかかる事自体がない部署なら怪しまれるので、WEB完結申し込みがおすすめです。 この記事を読む

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ