カードローンとリボ払いの違いはなに?

カードローンとリボの違いはなに?

キャッシングに興味があるけど、カードローンリボ払いの違いがわからない!…という人、いますね。

そこで今回は、カードローンとリボ払いはなにか?初心者にもわかりやすく説明いたします。

カードローンとは?

モビットでカードローン メリット

カードローンとは個人向けの融資でフリーローンの1つです

銀行でお金を引き出す感じで、カードで繰り返し現金を借りれてしまう点が、他の用途ローンやクレジットカードとの大きな違いです。

基本的には無担保・無保証人でお金を貸すので、個人の信用を重視したローンになります。そのために利用するにも審査が必要で、どんな人でも借りられるというものでもありません。

またカードローンは、自動車ローン、教育ローンなどの様に使途が決められていないので、何に使っても自由です。

その分、クレジットカードのリボ払いに比べると、金利が高めなのがデメリットといえます。アイフルSMBCモビットプロミスなどの消費者金融も、カードローンにあたります。

カードローンの返済方式は?

カードローンの返済方式ですが、ほとんどのキャッシング・カードローンは残高スライド定額リボルビング方式による返済方式が主流です。

これは借入残高に応じて毎回の返済金額が増減する返済方法になります。

言葉だけだと漢字が多くて分かりにくいのですが、イメージでいうとこんな感じになります。

残高スライド定額リボルビング方式の支払い

残高 毎月の支払い額
10万円以下 5,000円+手数料
10万円~15万円以下 7,500円+手数料
15万円~20万円以下 1万円+手数料
20万円~30万円以下 1万5,000円+手数料

アイフルのWEB完結申込で即日融資

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

リボ払いとは?

リボ払いとは

リボ払いの意味をザックリいうと、毎月決められた金額ずつ返済していく方式といった感じです。

毎月の支払い金額は固定されますが、返済途中に追加で借りてしまった場合は、返済する金額及び回数がその分増える事になります。

リボ払いは、いくつか種類があって、前項でお話した「残高スライド定額リボルビング方式」ももちろんその1つです。

もうちょっと具体的にまとめるなら、以下のような感じで分けられます。

リボ払いの種類

  • 残高スライド元金定額リボルビング方式:利用残高の増減に応じて、毎月の返済額が増減する方式
  • 残高スライド元利定額リボルビング方式:毎月の返済金額は利息込みの金額で提示される
  • 元金(元利)定額リボルビング方式:完済まで毎月の支払額が一定になる方式
  • 元金(元利)定率リボルビング方式:「利用残高×OO%」という計算で、月の返済金額が決まる

似たような単語がたくさん出てきてややこしいですね。

さらに似たような方式に分割払いというものもあります。こちらはリボ払いとは似て異なるもので、最初に決めた支払い回数に分けて支払いをしていく方式になります。

例えば2回払いにすると、1万円の買い物なら、5,000円ずつを2ヶ月間支払うことになります。

SMBCモビットならWEB完結で電話連絡ナシ

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

即日融資は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードローンとリボ払いの違いってなんなの?

カードローンとリボ払いの違い

さて、本題である、カードローンとリボ払いの違いです。

一言でいうと、カードローンは金融商品名リボ払いは支払い方法を指す言葉…ということになります。

もう少し掘り下げてみます。

カードローンとリボ払いの違い

  • カードローン→ 現金を借りることができるローンの事
  • リボ払い → 多くのクレジットカードにもカードローンにも適用されている返済方式

次に、2つ目の違いが金利です。

リボ払いの金利は12~14%の範囲内であることが多いですが、カードローンの金利は15~18%が一般的です。

基本的にはカードローンの方が金利が高いので、より多くの利息を支払う事になります。

そして、3つ目の違いは信用情報の変化です。

クレジットカード(リボ払い)で買い物をした場合と、カードローンで現金を借りた場合。

カードローンで借りた場合の方が、信用情報に大きく影響します。今後、住宅ローンや携帯電話などのローンを組む時にも不利になるので、通る審査にも通りにくくなるリスクがあります。

まとめ

カードローンとリボ払いの違いをまとめてみます。

カードローンとリボ払いの違いのまとめ

  • カードローンは金融商品名。リボ払いは支払い方式名である
  • カードローンはカードで現金を借り、リボ払いはクレジットカードで商品を買う
  • 金利に大きく違いがあり、カードローンの方が金利が高い
  • 信用情報の変化度合いにも大きく影響し、カードローンの方がデメリットが多い

金融業界という同じ畑にある言葉でありながら、それぞれ役割が違う、カードローンとリボ払いですが、どちらも立派な借金です。

カードローンの利用を検討している方は、まずこの2つの違いをしっかり学んで、無理のない返済計画を立てる事から始めていきましょう。

以上、カードローンとリボ払いの違いはなに?のまとめでした。

このコラムにおすすめのカードローン

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

即日融資は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ