カードローンの審査時間ってどれぐらい?今日中に結果がでる?

カードローンやキャッシングでは審査が必ず行われます。申し込み後、すぐに借りられるわけではなく、審査結果がでるまでに時間がかかります。

審査にかかる時間は各カードローンによって異なります。目安としては大手消費者金融で最短30分、銀行カードローンは最短翌日で対応しています。

カードローンを利用する際に審査スピードを気にされる方は多いかと思います。特に急いでいる場合は、審査結果がでるのを待っているだけの時間はモヤモヤしますね。

今回はカードローンやキャッシングの審査時間に関する疑問を解説していきます。

最速で借りたいなら大手消費者金融

ここでは大手消費者金融と銀行カードローンの審査時間を比較してみたいと思います。なお、ここで紹介している審査時間と融資時間はあくまでも最短の場合です。

手続きがスムーズに進められた場合にかかる時間を記載しています。実際は申し込みする曜日や時間帯、混雑具合により審査にかかる時間は前後します。

大手消費者金融の審査時間は最短30分

まずは大手消費者金融4社の審査時間と融資時間です。

カード会社 審査時間 融資時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル
アコム 最短即日
SMBCモビット

大手消費者金融はいずれも審査は営業時間内の申し込みであれば最短30分で回答可能としています。

申込方法は、スマホ、パソコン、携帯電話、電話、無人契約機、店舗など多彩なので自分にあった方法で申し込むことができるのも魅力です。

特にスマホ・パソコンでの申し込みは項目を入力していくだけですので、申込用紙に記入するよりも圧倒的に早く申し込みを完了できますので、より早く審査結果を知ることができるでしょう。

また大手消費者金融の場合、口座開設の必要がないので余計な手続きに時間を取られることがありません。融資時間はいずれも最短即日で、プロミスとアイフルに至っては最短1時間で融資完了を可能としています。

大手消費者金融なら、平日14時までに契約と振り込み依頼の手続きを完了できれば、即日で銀行口座に借入金を振り込んでもらうことも可能です。申し込みから借り入れまで来店が不要なので、借入れまでがとっても早いのが大手消費者金融の最大のメリットです。

銀行カードローンの審査時間は最短翌日

銀行カードローンの審査時間

次に銀行カードローンです。銀行カードローンでは審査時間を公表していないところがほとんどですので、審査時間がどれぐらいかかるのか実際に電話で問い合わせてみました。

銀行名 審査時間 融資時間
三菱東京UFJ銀行 最短翌日 最短翌日
三井住友銀行
みずほ銀行
楽天銀行スーパーローン
新生銀行レイク 仮審査は即時
本審査は最短翌日
オリックス銀行カードローン 最短2~3営業日
住信SBIネット銀行 1週間前後 2週間前後

ご存じの方もいるかと思いますが、銀行カードローンは2018年1月より審査基準が大きくかわり即日融資の停止が正式に決定となりました。

三菱東京UFJ銀行バンクイックや三井住友銀行カードローン、新生銀行レイクはかつて即日融資にも対応していて、低金利なうえにすぐに借りられると人気でしたが、現在はどの銀行カードローンも即日融資を受けることはできません。審査結果や審査時間は最短でも翌日となります。

なぜ銀行カードローンは即日融資できなくなった?

これまで銀行カードローンの審査は、そのほとんどを保証会社に任せていました。保証会社を務めるのは消費者金融や信販会社などで、これにより消費者金融並みのスピード審査を誇っていました。

しかし、2018年1月より、預金保険機構を通して警察庁のデータベースに接続し、申し込み者が反社会勢力に関係していないかを確認する仕組みが加わりました。データ照合の結果、問題なしとなって初めて融資が実行されます。そして、このデータ照合の結果がでるのは早くても1日はかかるため、どの銀行カードローンも即日融資が不可能となっているのです。

銀行カードローンは口座の有無でも審査時間が違う

銀行カードローンの場合、利用するのにその銀行の口座を持っていることが条件としているところが多いです。カードローンの申込時点で口座を持っていない場合は、同時に口座開設の手続きをする必要があります。

そして、銀行口座を持っているかどうかでも審査時間・融資時間は異なりますので注意が必要です。

振込融資の所要時間を調べてみました。

  • 口座ありの場合:審査結果は最短翌日~3日程度。契約完了後、即振込み
  • 口座なしの場合:審査結果は最短翌日~3日程度。契約完了後、窓口にて利用可能

銀行口座を持っている場合、借り入れまで時間はかかりません。口座がない場合は、口座開設が必要となるので、銀行によっては申込から2週間以上かかるケースもあります。

口座開設不要で利用可能な銀行カードローンもありますので、できるだけ早く借り入れしたい場合は、口座開設不要の銀行カードローンを選ぶといいでしょう。

なぜカードローンの審査は早いのか

カードローン スピード審査

カードローンの審査は上述したとおり最短30分と非常に早いです。「いい加減な審査をしてるんじゃないの?」と思う方もいるのではないでしょうか?

審査が早い理由は「コンピュータによる自動審査」です。カードローンの審査は、仮審査と本審査の2段階にわけて行われます。

仮審査はコンピュータが自動で審査を行い、本審査は人間の手で手動審査します。

自動審査は、申込書に記載された項目にそれぞれ点数をつけていき、その合計点によって融資可能かどうか、いくらまで貸付可能かがすぐわかるシステムです。自動審査で引っかかってしまえば自動的に審査落ちとなります。

本審査では本人確認書類や収入証明書と申込内容を照らし合わせて、相違がないかを確認します。あくまでも確認作業なので、仮審査に通過していれば本審査で落とされることはほぼありません。

大手消費者金融には即時審査のノウハウがある

カードローン会社の中でも特に審査が早いとされているのが大手消費者金融です。実は、どのカードローンでもコンピュータによる自動審査を導入しているわけではありません。

中小の消費者金融は手動審査をしてますし、銀行カードローンも結局のところ保証会社である消費者金融が審査をしているから結果がでるのが早くなります。

大手消費者金融には、「この人にお金を貸しても問題ないかどうか」を即座に判断できるだけの審査ノウハウがあります。

コンピュータによる自動審査と独自のスピード審査のノウハウがあるからこそ、大手消費者金融の審査は早く結果を知ることができるのです。

土日祝日のカードローンの審査は在籍確認に注意

カードローン 在籍確認なし

大手消費者金融のカードローンは、土日祝日でも審査していて、審査結果がでるまでの時間は平日と変わらず最短30分です。

ただし、土日祝日の審査でネックとなるのが在籍確認です。

在籍確認は、勤務先に電話して申し込み者が本当にその会社に在席しているかを確認するためのものです。確認と言っても内容は至って簡単なもので、1分もあれば終わります。

しかし、この在籍確認が完了しないことには融資は実行されません。土日祝日だと会社が休業日のところも多く、その場合、電話で在籍確認ができませんので審査は翌営業日に回されてしまいます。

カードローン審査を早く終らせるコツ

カードローンの審査は申し込みする時間帯や在籍確認の電話などを工夫することで、より早く結果回答を受け取ることも可能です。

審査スピードを早めるコツは5つ

  • できる限り早く申し込む
  • 在籍確認に対応できる状態にしておく
  • 借り入れ希望額は収入に見合った金額で申込む
  • カードローンの申込は1社ずつ
  • 急いでいることをカードローン会社に伝える

できる限り早く申し込む

カードローンの審査は基本的に申し込みした順で行われます。そのため時間帯に関係なくできる限り早く申込むことです。

WEB申込なら24時間受け付けていますので、たとえば前日の夜中に申し込んでおけば翌日の午前中には審査結果がでている可能性が高いです。

在籍確認に対応できる状態にしておく

審査の最終段階になると職場へ電話して在籍確認されます。在籍確認ができないと融資実行となりませんので、電話がなかなかつながらないと審査時間が長引いてしまいます。

申込後の在籍確認にはすぐでられるようにしておきましょう。なお、在籍確認の電話は本人がでなくても問題ありません、「只今、席を外しております」など働いていることが確認できれば問題ありません。

職場によっては個人情報保護の観点から、在籍確認に応じないところもあるかと思いますので、そのような場合はあらかじめカードローン会社に書類で在籍確認できないか相談しておくと良いでしょう。

【SMBCモビットのWEB完結申込なら職場へ電話なし】

SMBCモビットのWEB完結申込は、全ての手続をWEBとメールで完結可能です。在籍確認は書類で行いますので、電話で在籍確認するのが難しい場合でも当日中に審査結果を知ることができ、スムーズに手続きを進められます。

借り入れ希望額は収入に見合った金額で申込む

カードローンの借入額は年収3分の1が上限となります。たとえば年収200万円なのに100万円の希望額で申込むなど、自分の収入に合わない借り入れを申込むと、「ちゃんと返済してくれるかな?」と慎重に審査されるため時間がかかってしまいます。

審査時間を早めたいのであれば、希望額は必要最低限の額で申込むようにしましょう。

カードローンの申込は1社ずつにしよう

短期間に何社も申し込みすると「申込ブラック」と判定されて、審査に時間がかかるばかりでなく審査落ちになる可能性が高いです。

審査する側も「ちゃんと返済してくれる人なのかな?」と疑いの目で見られてしまい時間がかかってしまいます。カードローンの申込は1社ずつ行い、多くてもひと月に2社までにしておきましょう。

急いでいることをカードローン会社に伝える

カードローン審査は申し込み順に行われますが、申込後フリーダイヤルに電話することで審査にかかる時間を短縮することも可能です。

特に大手消費者金融は柔軟に対応してくれるため、電話連絡することで審査を優先してもらえる可能性が高いです。

今日中に何としてでもお金を借りたいという場合は、申込完了後にフリーダイヤルに電話して急いでいる旨を伝えましょう。

一秒でも早くカードローン審査を通過するために注意すること

カードローン 審査結果

カードローン審査を早く終らせるために注意すべきことは次の2つです。

  • 虚偽申告は絶対ダメ!記入ミスにも注意
  • 本人確認書類の記載住所は現在のものに

虚偽申告は絶対ダメ!記入ミスにも注意

審査で嘘がばれると審査落ちとなります。大抵の嘘はばれますので正直に申告しましょう。

また、嘘つくつもりはなくても記入ミスが原因で審査落ちになることもあるので注意してください。すぐに借りたい気持ちから焦ってミスしてしまうことが考えられます。申し込み書の記入内容は必ず見直すようにしてください。

本人確認書類の記載住所は現在のものに

カードローン審査では本人確認書類が必ず必要となります。

本人確認書類に記載されている住所と現在住んでいる住所が違うと、別途で現住所が確認できる書類を提出しなければいけません。そうなると余計な手間と時間がかかってしまい、手続きをスムーズに進められなくなってしまいます。

引越しをしたのに運転免許証などの住所が古いままの場合は、できるだけ早く住所変更してから申込むようにしましょう。

まとめ

カードローンは他のローンとくらべて審査にかかる時間が非常に早いです。特に大手消費者金融なら最短30分、申込完了から1時間で借り入れすることも可能です。

銀行カードローンの場合、警察庁のデータベースへ照合する必要があるため、審査結果がでるまでやや時間がかかります。今日中にお金が必要、早く借りたいという場合は大手消費者金融に絞って申込むのがいいでしょう。

申込方法や時間帯、混雑状況によっては審査結果がでるのに時間がかかりますので、時間に余裕を持って申込むようにしましょう。

以上、カードローンの審査時間ってどれぐらい?今日中に結果がでる?のまとめでした。

家族にバレたくない。カードローン会社からの郵便物をなくす方法 カードローンで家族にバレない方法 家族にカードローンの利用がバレる原因は「郵便物」です。「知らない会社名から郵便物が届いているのを家族が見て、中身を開けてしまいカードローンだとバレた」。このようなケースでカードローンの利用がバレてしまったという方は少なくありません。 この記事を読む 大丈夫?カードローンが利用できない人になってない? 大丈夫?カードローンが利用できない人になってない? 目次 こんな人はカードローンを利用できない 条件①年齢条件をクリアできていない 条件②無職・無収入の人 条件③生活保護受給者 条件④個人信用情報がブラック 条件⑤複数の借金がある まとめ カードローンは申し込んだその日に... この記事を読む

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ