カードローンの返済方法と遅延時の対処法を解説します

カードローンの返済方法

Photo by Mike Lawrence

カードローンでお金を借りたものの返済の仕方がわからないという人は案外多いようです。

カードローンは他のローンと違って返済方法が特殊ですから、利用前に返済方法についてしっかりと学んでおくのが良いでしょう。

今日はカードローンの返済方法から延滞時の対処法について説明していきます。

カードローンの返済は基本はリボ払い

多くのカードローン会社は、毎月の返済額が一定になるリボ払いを採用しています。

たとえば、リボ払いで3万円返済と決めたら、完済まで返済額は3万円で一定です。毎月決まった金額を返済していくのがリボ払いと理解してください。

カードローン返済で知っておきたい「残高」について

カードローンは利用限度額の範囲内で借り入れ・返済が繰り返せます。そのため、残高が変わることもあります。

カードローン返済における残高は2種類あります。

・借り入れ後の残高
・返済時の利用残高

「借り入れ後の残高」で返済額が変わるのは主に消費者金融のカードローンです。消費者金融では、「最後にカードローンで借り入れした時の残高」を残高としています。

そのため、返済していき残高が減っても追加の借り入れをしない限り毎月の返済額は常に一定ということです。

「返済時の利用残高」で返済額が変わるのは主に銀行カードローンです。「返済時の利用残高」を残高としています。

この場合、返済して残高が減った場合だけでなく、追加借り入れして残高が増えた場合でも毎月の返済額が変わる可能性があります。

カードローンってどうやって借りる?今はATMが主流 カードローンってどうやって借りる?今はATMが主流 時間や場所を選ばずに借り入れするならATM、お得に便利に借り入れするなら振り込みキャッシングといった方法があります。ATMで借りる方法ですが、銀行やコンビニに設置されているATMにローン専用カードを挿入して借り入れすることができます。他にも振り込みやアプリを使った方法を解説します。 この記事を読む

アイフルのWEB完結申込で即日融資

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

元金と元利とは

カードローンの返済時に支払ったお金は、元金だけでなく利息にも充てられます。

返済方式には次の2種類があります。

元金定額:毎月支払う元金が決まる(毎月の返済額が同じ)
元利定額:毎月支払う返済額が決まる(毎月の返済額が変わる)

元金定額では利息が加味されていませんので、別で利息がかかります、そのため、毎月の返済額は減っていきます。

これに対し、元利定額は元金と利息は毎月の返済額と同等ですので、返済額は変わりません。

返済時の元金と利息の関係

返済時に支払っているお金は元金と利息にそれぞれ充てられます。

たとえば、20万円を金利15%で借りて、毎月の返済額を1万円とした場合を考えてみましょう。

この場合の返済額の内訳は次のようになります

元金分:7,535円
利息分:2,465円

※1ヶ月の利息は「元金×金利÷365日×30日」で求めることができます。

1万円返済したと思っても、実際に元金が減るのは7,500円弱となります。

元金が減ることで次回の利息分の支払いは少なくなります。なぜなら利息は元金×金利で決まるからです。

ちなみに次回の返済の内訳は、

元金分:7,628円
利息分:2,372円

利息の求め方は(20万円-7,535円)×15%÷365日×30日=2,372円です。

支払ったお金すべてが元金返済に充てられるわけではないため、元金はなかなか減りません。カードローン会社では毎月の最低返済額を決めていますが、最低返済額の返済だけでは完済するまでに時間がかかります。

返済期間が長引けばその分利息を多く払うことになり損してしまういます。少しでも早く完済させたいのであれば「繰り上げ返済」がおすすめです。

繰り上げ返済の仕組みとメリット

カードローンの返済には「約定返済」と「繰り上げ返済」の2種類があります。

約定返済:毎月決められた日または決められた期間内に最低返済額を返済する方法。
繰り上げ返済:約定返済とは別に任意の金額を返済する方法

要するに繰り上げ返済は、月々必ず支払わないといけない額(最低返済額)にプラスしてお金を返済することです。

繰り上げ返済で支払ったお金はすべて元金の返済に充てられますので、最低返済額の返済だけよりも利息を節約でき、完済が早まります。

繰り上げ返済はどれぐらいお得なのか?

繰り上げ返済すると利息はどれぐらい節約できるのか見てみます。

たとえば、アコムで金利18%で50万円の借り入れをした場合、最低返済額は15,000円です。これに毎月1,000円単位でプラスして返済した場合の総金利額を比較してみます。

最低返済金額 金利総額 返済回数
15,000円 19万8,327円 47回
16,000円 17万9,738円 43回
17,000円 16万4,430円 40回
18,000円 15万1,629円 37回

これをみると分かりますが、毎月の最低返済額にたった1,000円プラスしただけで、利息は約2万円も節約できる結果となりました。更にプラス2,000円なら3万円以上、プラス3,000円なら約4万円も利息を節約できます。

毎月でなくてもいいので、お金に余裕があるときは1,000円でも良いので最低返済額よりも多めに返済して利息節約を心がけましょう。

繰り上げ返済のやり方

繰り上げ返済の方法は、2パターンあります。

・返済日に最低返済額にプラスして入金する
・返済日以外に入金する

毎月の返済をATMや銀行振り込みでしている場合は上記どちらのパターンでも繰り上げ返済できます。

口座引き落としで返済している場合は、口座に最低返済額よりも多めに入金していても繰り上げ返済にはなりません。たとえば、最低返済額が10,000円で口座に15,000円あっても、引き落とされるのは10,000円となります。

返済方法を口座引き落としにしている場合の繰り上げ返済は、返済日以外に入金するしか方法はありません。

<繰り上げ返済も手数料無料で行おう>

繰り上げ返済時も手数料には気をつけましょう。カードローン会社のATMもしくはインターネットバンキングで返済すれば手数料は無料です。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法は全部で6種類です。

・ATM
・口座引き落とし
・インターネットバンキング
・コンビニ端末
・銀行振込み
・店頭窓口

それぞれの返済方法について見ていきます。

モビットならWEB完結で在籍確認ナシ

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒簡易審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

返済方法①ATM

カードローンの返済はATMで行うのが定番です。カードローン会社のATMやコンビニのATMから入金することで返済できます。

ATM返済のメリットは「コンビニで気軽に返済できる」こと、デメリットは「手数料がかかること」です。

カードローン会社のATMであれば手数料無料で返済可能です。手数料を節約したい人は背局的に利用したいところです。ただし、設置場所が限られているのがネックです。住まいの地域によって設置台数が違いますので、来店するのが手間となってしまうかもしれません。

コンビニのATMであれば場所や時間も気にすることなく24時間返済可能です。コンビニに立ち寄ったついでに返済なんてこともできますね。ただし、コンビニATMでは手数料が発生するカードローンが多いので注意が必要です。

<コンビニATMも手数料無料のカードローンはある?>

返済はコンビニATMをメインに考えている人は、手数料無料で返済可能なカードローンを選ぶといいでしょう。下記のカードローンであればコンビニATMでも手数料は無料です。
・三菱東京UFJ銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・オリックス銀行カードローン
手数料は1回あたり108円~216円と微々たるものですが、毎月利用していれば年間で1,000円~2,000円もの手数料がかかっていることになります。

大手消費者金融ではコンビニATMの手数料が有料ですが、銀行カードローンならコンビニATMでも手数料無料で返済できます。

返済方法②口座引き落し

口座引き落としは、あらかじめ自分の持っている銀行口座を返済用に設定しておけば返済日に最低返済額が勝手に引き落としされます。

口座引き落としのメリットは「自分で返済しなくていい」こと、デメリットは「通帳に記録が残る」ことです。口座に残高さえあれば自動で返済してくれるので、返済をうっかり忘れてしまったなんてことも防げます。

ただし、口座引き落としで返済すると通帳に記録が残ります。家族に通帳を見られることがある人は注意してください。

またカードローンによっては、メインの返済方法が口座引き落とししか選べません。特に銀行カードローンで、その銀行の口座を持っていることが利用条件としていると、返済方法が強制的に口座引き落としになる可能性が高いです。他の方法で返済できたとしても、繰り上げ返済の扱いとなり、毎月の返済は口座引き落としとなります。

返済方法③インターネットバンキング

インターネットバンキング返済は、カードローン会社の会員ページから返済できます。簡単な手続きで返済が可能です。インターネットバンキング返済のメリットは「スマホから手数料無料でいつでも返済できる」こと、デメリットは「通帳に記録が残る」ことです。

口座引き落とし同様に、通帳に記録が残りますので家族に内緒で利用したい方は注意が必要です。

返済方法④コンビニ端末

ローソンの「Loppi」やファミリーマートの「ファミポート」など、コンビニ設置されている専用の端末で返済することができます。

コンビニ端末の返済のメリットは「手数料無料で返済できる」こと、デメリットは「手続きがやや複雑」なことです。手数料無料ですが、返済するための手続きがやや複雑で面倒に感じるかもしれません。

コンビニATMでは手数料がかかるというのであれば、少々手間でもコンビニ端末で返済し手数料を節約するのも良いでしょう。

返済方法⑤銀行振込み

一括返済時や、端数分をピッタリ返済する場合に便利な返済方法です。銀行振り込みの返済のメリットは「1円単位で返済できる」こと、デメリットは「通帳に記録が残る、振込手数料が高い」ことです。

銀行振り込みは1円単位で指定できますので、残高をピッタリ0にすることができます。

ただし、手数料が高いので毎月の返済に敢えて利用する必要性はありません。

返済方法⑥店頭窓口

カードローン会社の窓口で返済することもできます。店頭窓口の返済のメリットは「相談できる」こと、デメリットは「利用できる時間が限られている、店舗数が少ない」ことです。

カードローン会社の有人店舗は数がかなり少ないです。そもそも家の近くにないから来店が難しいという人も多いです。特に相談することがない人が敢えて利用するメリットはない返済方法です。

返済を延滞したらどうなる?知っておきたい対処法

「うっかり忘れていた」「お金に困っていて返済が厳しい」。このようなことは誰にでも起きる可能性があります。

もしカードローンを延滞したときはどうなってしまうのでしょうか?ここではカードローン延滞してしまったときのことについて解説していきます。

①カードローン会社による催促~差押え

カードローンを延滞したとき、1番気になるのは「カードローン会社がどんな対応をするか?」ではないでしょうか。延滞した場合、利用者に対し下記の順番で催促します。

① 電話・手紙で返済の催促
② 督促状の送付
③ 取り立ての実行
④ 一括返済の要求
⑤ 差し押え

延滞すると怖いお兄さんが脅迫的な取り立てをするイメージを持たれるかもしれませんが、そんなことは決してありません。

延滞した場合、まずは利用者の携帯電話に連絡を入れて返済を催促します。できればこの段階でいつまでに返済できるのかきちんと伝え、返済することです。電話や手紙を無視すると督促状が自宅に届くようになり、家族にカードローンを利用していることがバレてしまいます。

必ず最初の催促の電話で対応するようにしましょう。

アイフルのWEB完結申込で即日融資

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

②信用情報に傷がつく

カードローン会社によって対応は異なりますが、2ヶ月~3ヶ月以上延滞が続くと、信用情報に「金融事故」が記録されます。いわゆるブラックリスト入りとなり、おおよそ5年間はカードローンやクレジットカードを利用できなくなります。

また、利用中のカードローンを強制解約になる恐れもあります。もちろん返済は続けなければいけません。

延滞中はカードローンの限度額に空きがあっても追加借入はできません。この場合は、延滞分の支払いが完了すれば追加借り入れが可能となります。

延滞しそうならすぐに電話連絡する

どうしても返済が間に合わない、今月は延滞してしまうかもしれないという場合は利用中のカードローン会社に電話しましょう。返済する意思があることを伝えれば、カードローン会社から催促の連絡が来ることはありません。

カードローン会社によっては返済期日を先延ばしてくれることもありますので、どうしても返済が難しい場合はまずカードローン会社に連絡してください。

ただし、連絡したとしても延滞であることには変わりはありません。遅延損害金を払わなければいけませんし、信用情報に傷が付く可能性もありますので、その点は覚悟しておきましょう。

以上「カードローンの返済方法と遅延時の対処法を解説します」のまとめでした。

カードローン審査に落ちる人には特徴があった カードローン審査に落ちる人の特徴 カードローン審査に通らない人の特徴があります。主な理由は「信用情報に傷がある」「総量規制に抵触している」など他にも色々理由があります。今回、このコラムを読むことで「カードローンの審査に落ちない」対策も解説しています。 この記事を読む カードローンの審査基準は?審査に有利な条件・不利な条件ってある? カードローンの審査基準は? カードローンの審査項目は「属性の審査」「信用情報の審査」「提出書類の確認」「在籍確認」の4つになります。勤続年数が多く年収も多い人が審査に通りやすいというのもあります。主婦やアルバイトでも安定した収入があれば審査は通ります。 この記事を読む カードローン審査の在籍確認って何?職場にバレない? カードローン審査の在籍確認って何?職場にバレない? WEB完結で書類が揃っていれば在籍確認をしない消費者金融もあります。プロミスやモビットなどは郵便物もナシに出来ます。在籍確認の電話でバレないようにしてくれても、部署によって電話がかかる事自体がない部署なら怪しまれるので、WEB完結申し込みがおすすめです。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカードローン

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒簡易審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ