カードローンの金利を減らす方法を公開

金利の計算の仕方

Photo by frankieleon

金利0円
低金利カードローン

カードローンの広告で金利0円をアピールしているのを見かける事も多いと思いますが、正直、金利とかよく分からないという人も多いと思います。

カードローンは年3.0%~18.0%と金利設定がされています。金利が低いと良いみたいだけど、実際どれぐらいの金利を払うの?高そうだから借りるのが怖い・・・と心配になります。

カードローンを利用するなら金利の知識は必須です。今回はカードローンの金利と減らす方法を解説します。

カードローンの金利は法律で上限が決まっている

まずカードローンの金利は利息制限法という法律により上限金利が決まっています。

<利息制限法って?>

お金の貸し借りをする際の利息の上限を定めたもの。銀行、消費者金融、個人間の貸し借りでも利息制限法の上限金利が適用されます。

カードローンの上限金利は次のとおりです。

元金 金利
10万円未満 年20.0%まで
10万円以上~100万円未満 年18.0%まで
100万円以上 年15.0%まで

このように元金によって上限金利は変わりますが、最大で年20.0%になります。

中小の消費者金融だと金利20.0%で設定するところも多いですが、あくまでも貸付額が10万円未満の場合に限ります。中小の場合は貸付額が少額なので、大手よりも上限金利が高くなることが多いです。

たとえば貸付額が30万円の場合、最高でも金利は18.0%となりこれを超える利率を設定することはできません。

もしこれよりも高い金利で貸し付けた場合は違法となり、超える部分の利息は無効でその金融業者は罰則を受けます。

悪徳業者には要注意

上限金利が決められているのに、上限金利を超える利率で貸付する悪徳業者もいますので、十分に注意してください。

ちゃんと金利を確認すれば大丈夫でしょ?そう思うかもしれませんが、悪徳業者の場合、金利は年利ではなく月利で設定して利用者を欺こうとする所もあります。

カードローンでは金利を月利で表記する事はまずありませんので、提示されている金利が年利なのか月利なんか必ずチェックしましょう。

SMBCモビットならWEB完結で電話連絡ナシ

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒簡易審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK
借りる前に要チェック!アイフルのまとめ アイフルの知りたい情報を集結!借りる前にチェック アイフルのメリットは次の3つです。無利子サービス、即日融資、WEB完結が出来る。アイフルは30日間は無利息なので30日以内に返済をすれば利息は付きません。注意点は郵便物が送られる点です。郵送物は契約ルームで手続きすればナシにすることができますが、WEB完結で申し込みした場合は郵送物が送られて来ます。 この記事を読む

金利の仕組みと計算方法

それでは、カードローンの金利の仕組みと計算方法について見ていきます。基本的に、金融機関からお金を借りると借入額に加えて金利を支払います。金利というのはお金を借りるレンタル料です。

「お金を貸しますので多めに返済してくださいね」という条件で貸し付けします。

カードローン会社に返済するのは元金と金利の合計額であり、金利は元金に対して○%と一定の割合が定められています。

相手もお金を貸してその分を全額返済してもらうだけでは商売になりませんし、貸し倒れするリスクもあります。そのため、金利を払ってもらう事でカードローン会社は利益を得ています。

金利は年率で示される

カードローンの金利は、10%や15.0%といったように%で示されます。15.0%であれば借りたお金に対し15.0%の金利を払う必要があるということです。

そして金利は基本的に年率です。1年間お金を借りた場合にどれ位発生するのかその割合を示しています。

金利の計算の仕方

50万円を借りて金利が10%の場合

50万円×10%=年間の金利は5万円となります

1日の金利を計算してみます。

5万円÷365日=1日の金利は137円となります

元金の50万円とは別に金利を払うことになりますので、お金を借りるという事はもったいないですね。

金利を下げる方法①借り換え・おまとめローンを利用する

金利を安くする方法

カードローンの金利は審査時に決定されますが、一度決まったらずっとそのままというわけではありません。実はカードローンは金利を下げることができます

いま利用しているカードローンよりも金利の低いカードローンに乗り換える、もしくは複数のカードローンを1つにまとめるという方法です

たとえば、金利18.0%のカードローンから金利15.0%のカードローンに借り換えをすれば、金利は3.0%下がります。おまとめローンとは、複数のカードローンを1つのローンにまとめることです。

たとえば、カードローン会社A・B・Cの3社から合計で100万円借りているとして、新たにカードローン会社Dから100万円借りて、A・B・C社それぞれに全額返済します。

これにより今後の返済はカードローン会社Dにのみ行なっていくことになります。

プロミスで即日融資!今日中にお金借りたいなら必見です! プロミスで即日融資! プロミスは最短1時間融資が可能です。即日融資の方法は、ネットから申し込む「WEB完結」か「無人契約機」と2通り。人に会わず、無人契約機も使いたくない場合は「WEB完結」。審査が通れば自分の指定した口座にお金を振り込んでくれますので、簡単に借りる事が出来ます。 この記事を読む

アイフルのWEB完結申込で即日融資

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

金利を下げる方法②限度額の増額

借り入れの金利を下げる方法

借り入れ先を変えると、また新たに審査を受けなければいけません。

既に他社から借り入れしていると新たに審査を通過するのは難しくなります。そのため、借り入れ先は変えたくないけど金利は下げたいという人もいると思います。

そのような場合は、限度額を増額して金利を下げるのがおすすめです。カードローン会社に増額申請すれば、審査担当者が「この顧客の限度額を増額しても大丈夫か」という審査をしてもらうことができます。

増額審査を通過するには、延滞なく返済していることが大切です。普段から返済が遅れがちという人は増額は難しいです。

金利はカードローン会社によって違う

カードローンの金利比較

既に説明しましたが、金利の上限は法律で決められていて、その範囲内であればいくらに設定するかはカードローン会社で自由です。そのため、カードローン会社によって金利が違いますので、申し込み前に必ず確認が必要です。

下記は大手消費者金融と銀行カードローンの金利です。

種類 カードローン会社 金利 限度額
消費者金融 SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
三井住友銀行 4.0%~14.5% 4.0%~14.5% 800万円
みずほ銀行 2.0%~14.0% 2.0%~14.0% 800万円

基本的に銀行カードローンのほうが金利は低めに設定されています。金利を安く済ませたいなら、低金利のカードローンがおすすめです。イオン銀行の13.8%は魅力的です。

プロミスのカードローンのメリット・デメリットを検証した プロミスのカードローンのメリット・デメリットを検証 プロミスのメリットは「初回に限り、借入日の翌日から30日間無利息」「最短で1時間融資が可能」「最短10秒で融資が可能な「瞬フリ」がある」の3つです。デメリットは「銀行のカードローンに比べて金利が割高」「総量規制に対象になる」の2つになります。 この記事を読む

金利の比較は上限金利を見るべし

金利は3.0%~18.0%といったように幅を持たせて記載されています。基本的に金利は限度額に応じて設定されることが多く、借り入れ額が多いほど金利は低くなり、借り入れ額が少ないほど金利は高くなります。

  • 借り入れ額が多い→金利が低い
  • 借り入れ額が少ない→金利が高い

カードローン会社にとって、新規顧客にいきなり多額の融資をすることは非常にリスクがあります。なぜなら、実際にお金を貸してみないと、きちんと返済してくれる人なのかどうかが分からないからです。

つまり、初回は信用度がゼロに近い状態なので、カードローン会社としてもまずは様子見で少額の貸し付けをして、その後の利用実績に応じて限度額の徐々に増額をしていきたいと考えているわけです。

そのため、よほど優良顧客でない高額な借り入れはできません。信用度が低い内は限度額が低めに設定されますので、金利は高くなると思ってください。

基本的に、最初は上限金利が適用されることが多いです。金利を比較する際は、上限金利を見るべきなのです。

たとえば、低金利で借りるなら下記2社のカードローンのうち、どちらを選ぶべきでしょうか?

借りるならどっちを選びますか?

  • アコム:3.0%~18.0%
  • 三井住友銀行:4.0%~14.5%

アコムのほうが下限金利は低いですが、上限金利は三井住友銀行のほうが低いですから、この場合は三井住友銀行のカードローンを選ぶのが正解です。

繰り上げ返済で金利を減らす

金利を少しでも抑えたいならば低金利のカードローンを利用すべきですが、金利が低いカードローンは審査が厳しいため、借りたいと思って借りられない時もあります。

しかし、金利を減らす方法は、低金利のカードローンを借りる以外にもあります。それは繰り上げ返済です。

毎月の返済額はカードローン会社によって決まっていますが、それにプラスして返済していくだけで金利をグッと減らすことができます。

なぜ繰り上げ返済で金利を減らせるのか?

繰り上げ返済で金利を安く

毎月の返済で支払っているお金は、元金と金利の返済に充てられます。

たとえば毎月の返済が1万円であれば「1万円-金利」が元金返済に充てられますので、毎月の返済額をあげればその分元金返済に充てる金額が多くなります。

元金の減りが早くなれば、完済が早まり金利を減らせれます。

大丈夫?カードローンが利用できない人になってない? 大丈夫?カードローンが利用できない人になってない? カードローンが出来ない人はここが原因です。収入が無い・無職である。個人情報がブラックリストになってる。複数会社からの借金がある。生活保護者だ。年齢が未成年や高齢者に該当する。専業主婦でも銀行系のカードローンなら配偶者として借りれる事もあります。 この記事を読む

繰り上げ返済で金利はどれぐらい減らせるのか

では、繰り上げ返済すると金利はどれぐらい減らすことができるのかシミュレーションしてみます。借入金20万円、金利18.0%でシミュレーションしてみました。

返済金額 金利総額
5,000円 10万4,980円
6,000円 7万7,598円
7,000円 6万1,580円
8,000円 5万1,562円
9,000円 4万4,283円

毎月の返済額が5,000円の場合、金利総額は10万4,980円ですが、毎月の返済額を+2,000円の7,000円ずつ返済した場合は金利総額は6万1,580円です。

月々の返済額を2,000円多くしただけで、金利を4万円近くも減らすことができます。

繰り上げ返済といっても特別な手続きは何もありません。ATM、インターネットバンキング、銀行振込みなどで返済するときに多めに入金するだけでOKです。

繰り上げ返済するからと言って余計な手数料を取られることもありませんので、積極的に利用していきましょう。

といっても、20万円借りて10万円の金利は痛いですねー。出来れば借りたくないです・・。

プロミスなら今日中にお金が借りれる

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

金利0円のカードローン!無金利期間は銀行よりもお得

金利0円のカードローン

基本的にカードローンの返済時には金利を払わなければいけません。しかし、カードローンによっては金利を払わずに済む金利0円というのがあります。

「悪徳業者じゃないの?」なんて思うかもしれませんが、大手の消費者金融では一定期間金利が発生しない無金利サービスを提供しています。このサービスを使うことで、金利を払わずにお金を借りることも可能になります。

あくまで一定期間なので、それが過ぎると金利は発生します。

金利0円のサービスでどれぐらい得になる?

無金利サービスを利用するとどれぐらい得になるのが計算してみます。

例)金利18%で20万円の借入をして30日後に返済する場合

無金利サービスなし:20万円×18.0%÷365日×30日=2,958円
30日後の金利は2,958円

無金利サービスあり:0円

金利の差額は約3,000円でした。

無金利期間で得するのはどんな人?

無金利サービスを利用すれば、一定期間は金利が発生しませんので誰でもお得ですが、短期完済できる人は無金利サービスのある消費者金融で借りるのがおすすめです。

短期間で全額返済できれば、無金利期間を利用する事金利が0円、もしくは少額で済みます。

主婦におすすめのカードローン2社を紹介。ゆるーくいけます。 主婦におすすめのカードローン会社 基本的に少額の融資であれば、主婦でも審査に通りやすいカードローンはたくさんあります。今回は、主婦におすすめのカードローンや審査に通りやすくするポイントなどを解説します。主婦が向いてるのは銀行系のカードローンです。 この記事を読む

まとめ

低金利のカードローンを使えば、金利を節約できますが、金利が高いカードローンでも繰り上げ返済することで金利を節約することができます

低金利のカードローンは審査が厳しいので、中には借りられない人もいるかもしれません。そのような場合でも、月々の返済額を1,000円でも良いので多く返済すれば金利を大幅に減らすことは可能です。

また大手消費者金融は金利が高くても、無金利期間を利用することで銀行カードローンよりもお得に借入が可能です。短期間で完済できるならば消費者金融で借りるほうが良いでしょう。

以上、カードローンの金利を減らす方法を公開のまとめでした。

SMBCモビットのカードローンの審査や難易度は? 「SMBCモビット」のカードローンの審査や難易度は? SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融なので審査が厳しいイメージがありますが、そうでもありません。一定の基準を超えると問題なく借り入れが出来ます。 この記事を読む SMBCモビットのカードローンのメリット・デメリットを検証してみた SMBCモビットのカードローンのメリット SMBCモビットのメリットは「WEB完結」が出来る点です。来店は不要でスマホがあれば、どこでも借り入れが可能です。しかも条件が揃えば「電話連絡なし」「郵送物なし」も可能です。今回はそれが出来る夢のような方法を紹介します。 この記事を読む SMBCモビットのカードローンの店舗やATM、CMを徹底調査 SMBCモビットのカードローンの店舗やATM カードローンといえば、身近な場所に店舗やATMがあるイメージがあります。SMBCモビットは利便性が高いカードローンです。 業界でも屈指の全国に約13万台のATM(提携も含む)を展開しています。SMBCモビットといえば、テレビCMも放映されていますので、ちょっと調べてみました この記事を読む

このコラムにおすすめのカードローン

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ