アコムの金利計算方法と金利を下げる方法

アコムの金利計算方法と金利を下げる方法

アコムのカードローンでキャッシングすると「金利はどれくらい?」「少しでも金利を下げる方法はない?」など、金利に関する疑問がでてきます。

今回は、アコムの公式サイトを見てもイマイチわからない「アコムの金利」と、アコムの金利計算方法と金利を下げる方法をどこのサイトよりもわかりやすく解説します。

アコムの金利計算方法

まずは、アコムの金利手数料の仕組みについて基本的な部分から見ていきます。

アコムの公式サイトを見ると、アコムカードローンの金利は実質年率で3.0~18.0%と書かれています。

実質年率というのは、その名のとおり「1年間にかかってくる金利」のことです。

たとえば金利18.0%で10万円を借りた場合は、10万円×18.0%=年間の利息は18,000円ということになります。

ただ、実際には10万円を借りて1年も返済せずに放置することはないので、毎月返済する金利手数料は日割りで計算することになります。

アコムの金利計算式

アコムの金利計算式

アコムの金利計算は、以下の計算式に当てはめると簡単に算出できます。

アコムの金利計算式

  • 借り入れ金額×実質年率 ÷ 365日×借りた日数=金利手数料

たとえば、先ほどの例で10万円を借りて30日後に返済する場合の金利は、以下のとおりです。

・借り入れ金額10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円(小数点以下切り捨て)

もし、30日後に完済する場合は10万円+利息1,479円=合計101,479円を、アコムに返済することになります。

ちなみに、アコムの金利は契約極度額によって金利が変わる仕組みになっています。

契約極度額 適用金利
1~99万円 7.7~18.0%
100~300万円 7.7~15.0%
301~500万円 4.7~7.7%
501~800万円 3.0~4.7%

)極度額:カードローン契約者に対して融資できる限界の金額のこと。

ただし、実際に適用される限度額は、極度額よりも低く設定される場合が多い。

上記の表を見ると「金利手数料を下げるためにはアコムの限度額を上げてもらえばいいのか!」と思う方もいると思います。

ただ、実際にはアコムの限度額アップはそれほど簡単ではありません(増枠に関することは、このあと詳しく触れます)。

30万円を金利18%で借りたときのシミュレーション

アコムのシミュレーション返済

では、実際にアコムで30万円を借りた場合、毎月の返済額はいくらで完済までどれくらいかかるのか、シミュレーションしてみます。

今回は、アコムの公式サイトにある「返済シミュレーション」を利用して計算してみます。

<30万円を毎月約3万円で返済する場合※金利18.0%で計算>

元金 利息 返済金額
1回目 24,500円 4,500円 29,000円
2回目 24,868円 4,132円
3回目 25,241円 3,759円
4回目 25,620円 3,380円
5回目 26,004円 2,996円
6回目 26,394円 2,606円
7回目 26,790円 2,210円
8回目 27,192円 1,808円
9回目 27,600円 1,400円
10回目 28,014円 986円
11回目 28,434円 566円
12回目 9,343円 140円 9,483円
元金合計 300,000円 利息合計 28,483円 返済額合計 328,483円

上記の例でいくと、30万円を金利18.0%で借りて1年かけて返済すると金利手数料は合計28,483円です。

これを「高い」と見るか「安い」と見るかは人それぞれですが、1年間の合計で見るとやはり結構な手数料が必要なことがわかります。

ちなみに、アコムのカードローンは「定率リボルビング方式」で返済をしていきます。

「定率リボルビング」とは「毎月の借り入れ残高に一定の率をかけて」「毎月定額で返済していく」という返済方式のことをさします。

つまり、定率リボルビング方式で算出された額が「アコムの最小返済額」ということになり、毎月「最小返済額以上」を返済していく仕組みになっています。

ちなみに、アコムの「借り入れ残高」と定率リボルビングで算出される「一定率」の関係は以下のとおりです。

※参考:アコムの最小返済額の考え方(借り入れ残高と定率リボルビングの一定率の関係)

アコムの契約極度額 毎月の最小返済額
30万円以下 借り入れ金額×4.2%以上
30万円超 借り入れ金額×3.0%以上
100万円超 借り入れ金額×3.0%以上
借り入れ金額×2.5%以上
借り入れ金額×2.0%以上
借り入れ金額×1.5%以上
アコムを返済できないときの4つの対処法 アコムを返済できないときの4つの対処法 アコムを利用していると、「今月の返済は厳しいかも…」といったことがよく起こります。 「アコムの返済が厳しいから」と言ってそのまま放置してしまうと、信用情報機関に延滞情報が登録され、今後のカードローンやクレジットカード審査... この記事を読む

アコムの金利が下がるケース

金利の仕組みが分かりましたので、次は「アコムの金利を下げる方法」を詳しく解説します。

先ほど「30万円を借りた場合のシミュレーション」のところでもお伝えしたとおり、毎月3万円の返済でも完済までに1年間という長い期間が必要になります。

アコムの金利を1%でも下げることができれば、それだけ金利手数料の負担が減り、完済までのスピードが早くなります。

アコムで100万円を超える限度額を契約したとき

アコムで100万円を超える契約

アコムのカードローンをはじめて契約した場合、いくら年収が高くても初回契約時の限度額は10~50万円で設定されるのが一般的です。

先ほど、アコムの契約極度額と金利の仕組みについて書きましたが、アコムのカードローンは契約極度額がアップすればするほど、金利が下がる仕組みになっています。

アコムの契約極度額が上がると金利が下がるのには、以下の2つの理由があります。

まず1つ目は、

①利息制限法で100万円を超える借り入れは金利15.0%と決まっているから

金利が下がるひとつ目の理由は「利息制限法」によるものです。

利息制限法では、借り入れ額により適用される上限金利が以下のように決められています。

借り入れ額(元本の額) 実質年率
10万円未満 20.0%
10万円以上~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

アコムを堅実に利用していて利用実績も積みあがり、年収と借り入れのバランスが取れている場合、アコムでは希望者に対し限度額の増枠がおこなわれます(もちろん増枠を断ることも可能です)。

アコムの限度額が増えて100万円以上の借り入れができるようになると、金利は年18.0%から15.0%に下がるということになります。

参考:利息制限法「第1章利息等の制限、第1条」

次に2つ目の理由は、

②たくさん貸せる人=信用がある人とアコムが判断しているから

表でも分かりますが、同じ契約極度額でも金利の幅があります(例:契約極度額100~300万円の場合の金利は7.7~15.0%)。

つまり、同じ100万円以上を借りた人でも、金利7.7%が適用される人もいれば、金利15.0%の人もいるということになります。

では、なぜ同じ契約極度額なのにこれだけの金利差が発生するのか。それは、利用者の信用度によりアコムが適用金利を変えているからです。

消費者金融カードローンの場合、返済不能になるリスクが高い人には高い金利を設定し、きちんと返済してくれる人には低金利を適用します。

貸す側からするとそうなります
モンちゃん
モンちゃん

つまり、滞納する可能性の高い人からは高い金利を取っておいて、万一返済できなくなっても「先に金利で元をとっておこう」という考えです。

一方、アコムの利用実績を積んで「きちんと返済できる人」という実績を積み上げれば、審査次第でアコムの金利を下げてもらえる可能性が高くなります。

アコムのおまとめローンを利用したとき

アコムには「借り換えローン※通称おまとめローン」という商品があります。

アコムのおまとめローンを利用すれば、消費者金融カードローン数社からキャッシングをしている人は、ローンを一本化できます。

アコムのおまとめローンを利用できるかどうかはアコムの審査次第ですが、おまとめローンを契約すると金利が下がるケースがほとんどです。(審査の結果、借金が一本化されるだけで金利が下がらないこともあります)

余談ですが、筆者も過去にアコムとレイクALSAで合計200万円以上の借り入れをしており、それぞれ金利15.0%と金利18.0%で借りていましたが、アコムのおまとめローンに切り替えた結果「金利12.0%」まで金利を下げてもらえた経験があります。

限度額増枠以外にアコムの金利負担を下げる方法

「アコムの契約極度額を上げる」「おまとめローンを利用する」といった方法以外にも、アコムの金利手数料を節約する方法はまだまだあります。

無利息キャッシングを利用する

アコムの金利手数料を下げる代表的な方法は「30日間の無利息キャッシング」を利用する方法です。

この方法は、アコムのカードローン契約がはじめての人しか使えない方法ですが、アコムの初回契約日から30日間は利息が一切かかりません。

そのため、給料やボーナスなど30日以内にまとまった収入が見込める場合などは、無利息キャッシングでお金を借りて30日以内に返済すれば、金利手数料0円でキャッシングが出来ます。

ただし、アコムの無利息キャッシング適用期間は「契約日から30日間」です。

万一、キャッシング契約をしてから借り入れをせずに30日間経過すると、その時点で無利息キャッシングの適用期間は終了してしまい、無利息の恩恵は受けれなくなりますので注意しましょう。

繰り上げ返済で元金を減らす

アコムの返済日は「毎月1回」、または「35日ごとの返済」のどちらかから選べます。

ただ、アコムへの返済はいつでも可能です。

金利手数料を1円でも下げたいなら、頻繁に繰り上げ返済をして少しでも「元金を返済すること」がポイントになってきます。

アコムの金利手数料は「借り入れ残高」に応じてかかります。

1円でも元金を多めに返済すれば、それだけ金利手数料は下がる仕組みです。

アコムの繰り上げ返済は「ATM」「振り込み返済」「インターネット返済」「店頭返済」のいずれかで出来るので、手元資金に余裕がある場合はぜひ積極的に繰り上げ返済をしましょう。

以上、アコムの金利計算方法と金利を下げる方法のまとめでした。

このサイトはリンクフリーです。

リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。ありがとうございます。

(参照:アコムの金利計算方法と金利を下げる方法

このコラムにおすすめのカードローン

プロミス

満足ポイント 4.8

限度額500万円
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

アイフル

満足ポイント 4.8

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間30分
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

SMBCモビット

満足ポイント 4.9

限度額800万円
実質年率3.0%~18.0%
審査時間審査時間 10秒簡易審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 収入証明不要
  • 無利息期間
  • おまとめ対応
  • フリーターOK
  • 主婦OK

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログへ